FC2ブログ

名誉毀損の裁判ハードに有利な決定 & ニック・トーシュの逝去

Posted by リラン on 21.2019 DV裁判関係 0 comments 0 trackback
裁判関係はジョニー側に有利なニュースがあれば、良く無いニュースも出ますね。10月18日で“The BLAST”に出た記事は不利なニュースです。アンバーハードに対する名誉毀損のジョニー側が起こした訴訟で、ハード側が求めていたジョニーに対する「アルコール及び薬物の乱用を含む記録“医療記録など”」 にアクセスすることを許可された。。と、いう事です。

双方の弁護士によりバージニア州の法廷で公聴会が開かれ、ハード側の弁護士から事件と関連があるとして記録へのアクセスが請求され承認されました。ハードは、ジョニーがアルコールや薬物の影響下にあると暴力的になった、、と、以前から主張していました。

この裁判所の決定によって、医療機関にかかった記録、リハビリに行った記録や、宣誓証言でジョニーにそれに関して質問する権利がハード側の弁護士に与えられたという事です。

大きな争点の1つは、オーストラリアでジョニーが指を切断した件で、ジョニー側はハードが暴力的になりボトルを投げて割れたため、としていて、ハード側はジョニーが薬物(エクスタシー)の過剰摂取のため自ら切り落とした、、としていて、その入院した夜の医療記録を利用しようとしているようです。

ジョニーの弁護士アダム・ウォルドマンは、ジョニー側の映像や証言の多数の証拠に何も反論出来ないから、こういう関係ない問題を持ち出してジョニーに恥をかかそうとしているだけだ、、と言っています。


アンバーの弁護団には“Time's Up” 運動の弁護士ロバータ・カプラン(Roberta Kaplan)という人が加わったようです。面倒な事になってますね。未確認情報、、イーロン・マスクは“Time's Up”にお金を出しているというコメントを読みました。高い弁護費用が彼から出ている可能性があります。ハードは国連の人権問題の活動家(国連人権高等弁務官事務所のヒューマン・ライツ・チャンピオンのひとり)などという肩書きも手に入れているし、、女優としては未だに二流、三流だけど、、ちょっと手強いですね。

『正義は勝つ!』 と、信じてジョニーを応援しましょう。


1021 Venice 2



ジョニーと親交のある、音楽ジャーナリスト、作家のニック・トーシュさんが10月20日マンハッタンの自宅で亡くなったそうです。原因は明らかではありませんが、近い人の話では病気だったという事です。記事が コチラ から

2008年にニック・トーシュの小説「ダンテの遺稿」の映画化権をインフィニティ・ニヒルが獲得、2011年にジョニーと親しいジュリアン・シュナーベルが監督し、脚本を書いている、、という話が出ていました。(過去記事が コチラ に)

2002年には、「ダンテの遺稿」 のオーディオ・ブックがジョニーの朗読で発売されました。コチラから、、小さいけれど可愛いイラスト付き。

1021 Dante John Cuneo



元マネージメント会社TMGとのトラブルで出て来た話として、、2014年1月ジョニーがTMGに相談なくニック・トーシュのアーカイブを120万ドル(今のレートで13億!)で買った、、なんてのも出て来ました。

『ダンテの遺稿』、映画化の話が出た時、アマゾンで翻訳本を買ってそのままだなーー。『ダンテの遺稿』を読む前に、ダンテの『神曲』がテーマのお話なので、それを知らなければと、「やさしいダンテ神曲」なる本を購入、それも最後まで読めなかった。ジョニーの映画の話が出ると、原作あるものは読むようにしていたけど、無駄な努力になるものも多い、、シャンタラムとか。






スポンサーサイト



グレッグ・ブルックスへの暴力事件、裁判期日が来年5月に変更

Posted by リラン on 19.2019 裁判関係 0 comments 0 trackback
10月21日から始まる予定だった、グレッグ・ロッキー・ブルックスの裁判が来年の5月に延期になったそうです。VARIETY の記事です。

写真は“DEADLINE”からで、同様内容の記事についていたモノです。素敵なジョニー

1017 Deauville

10月16日の午後、Holly Fujie判事は裁判を延期するように命じた。新たに設置された裁判期日は2020年5月11日になりました。

ジョニー・デップは来週ロサンゼルスの法廷に出廷し、2017年「City of Lies」の撮影中にロケーション・マネージャーを殴ったと主張する訴訟の裁判にかけられます。

グレッグ・ブルックスは、ブルックスが彼にその日の撮影を中止する必要があると知らせた後、デップが彼を2回殴ったと主張しています。ブルックスはまた、デップが彼に叫び声をあげ、10万ドル払うから彼を打ち返せと持ちかけられたと主張した。

ブルックスは、彼がプロダクションを訴えない契約に署名を拒否したから解雇されたと言います。ブルックスの弁護士パット・ハリスは、ブルックスが職業上の彼に傷が付くのを恐れて、事件を大事にしないようにしたと言いました。それにもかかわらず、話がロケーション・マネージャーの世界で広まり、そしてブルックスは仕事を得るのに苦労したと、ハリスは言いました。

「ハリウッドの階層では、ジョニーデップがトップであり、ロケーション・マネージャーが中間レベルから最下位にあるのは、我々は明らかに認識しています」と、ハリスは Variety に語りました。「彼ら2人の間に対立があったとしても、誰がそれを始めたとしても、誰が責めを負うにしても、ジョニーデップはトップに立ち、我々の依頼人はダメージを受けるだろう」

デップはブルックスを殴ったのではなく、それどころかブルックスがセットで、女性に対し喧嘩腰に振る舞っているのを見た後に、口頭で彼と対立したと証言すると予想されます。彼の弁護士は裁判前の概要に置いて、ブルックスが仕事を得るのデップが妨害したことを示唆する証拠は無いと主張しました。

ハリスはデップが嘘をついていて、ブルックスはセットで誰も叱りつけてはいないと主張します。

事件の後、ブルックスの証言によると、2人はハグし合って、一緒に写真を撮りました。

ハリスは、デップが「ハリウッドのバッド・ボーイ」のイメージを長年培っており、口論はブルックスのキャリアをそこなうかもしれないと予見すべきだったと主張します。

デップはまた、彼の元法律事務所の2つだけでなく、彼の元妻との訴訟にも関わっています、家庭内暴力に関するワシントン・ポストの論説で彼を中傷しているとして、アンバーハードを非難しています。

ハリスは、デップの弁護士は暴行事件で「scorched earth(焦土)」作戦を採用しており、事件が裁判の前夜に解決する可能性は低いと述べました。

デップの弁護士であるアダム・ウォルドマンは、ブルックスの弁護士に対抗して、悪意訴追(malicious prosecution)手続きを要求すると脅しています。

「複数の宣誓した目撃者証言と、台本のスーパーバイザーが撮影した数十枚の写真からの、全ての証拠の後、ブルックス氏はついに彼の不条理で妄想的な主張を支持する1人の証人を見付けた、、彼自身の弁護士だ」と、ウォルドマンは言いました。

「裁判でブルックス氏を打ち負かしたら直ぐに、彼の弁護士に対する悪意訴追の請求を始めます。ブルックス氏の弁護士が“scorched earth(焦土)” と呼ぶものは、実際には“正義”として知られています」



良く分かりませんが、悪意訴追(malicious prosecution)の意味は“、、人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者を罰する訴えのようです。

“VARIETY”と“DEADLINE”、訳すのが短くて簡単そうな“VARIETY”の記事を訳したけれど、結局、なんで裁判の期日が来年に延びたのかが不明、、なので、“DEADLINE” を自動翻訳でザッと読んでみた結果も合わせて分かったことは、今回のような民事裁判では、決められた裁判期日の前日までに、和解合意が出来て裁判が終了する事が多い。でも、今回はジョニー側が和解に応じる気が無いので、裁判が長引く。 しかし、ジョニー側には他にも訴訟を多数抱えていて、元弁護士ジェイク・ブルームの裁判期日が12月2日に始まり、ハード関係の裁判で、ジェームス・フランコとイーロン・マスク、アンバーハードの宣誓証言が11月に控えていて、ホリー・フジエ判事(日系の女性)さんのスケジュールが取れない、、って事らしいです。





10月7日STP、13日バートン展、ラスベガスでのジョニー追加

Posted by リラン on 18.2019 Tim Burton 0 comments 0 trackback
写真の追加です。

ロス・ハルフィンさんのインスタから。10月7日“ストーン・テンプル・パイロット(STP)” のライブにジョイント出演したジョニー、その楽屋から。2枚目は Weibo のハルフィンさんのサイトからのようです。

1018 Ross Halfin

1018 Ross Halfin 2

次は10月13日ラスベガスの“ネオン・ミュージアム”で開催されているティム・バートン展に行ったジョニー、前回の写真はジーナ・デュータースさんからでしたが、今回は Craig Winslow さんというネオンとかのメディア・デザイナーさんのインスタからのようです。

1017 las vegas 0

1017 las vegas 3 1018 las vegas


似たような帽子を被った二人、同じメーカーでしょうか。

1015 Tim Burton 1015 Johnnys hat





10月13日(?)ジョニーはラスベガスのティム・バートン展へ

Posted by リラン on 15.2019 Tim Burton 0 comments 0 trackback
ジョニーの素敵な写真が出て来ました ジョニーはラスベガスの“ネオン・ミュージアム”で10月15日から(来年の2月15日まで) 開催される「LOST VEGAS」とタイトルの付いたティム・バートン展に行ったようです。ジョニーとティム監督は10月6日に初めてラスベガスでの写真が出て来ました。それからずーっとラスベガスにいたのでしょうか?

1015 timburton lost vegas


1015 Gina Deuters 1015 Gina Deuters2

上の写真は ジーナ・デュータース さんのインスタから出て来た写真ですが、日付が書いてありません。下のインスタはティム監督の『ダンボ』に出演した俳優のジョセフ・ガットさんのインスタで、それによると、「ティム・バートンの“LOST VEGAS展”開幕を祝い、良い友人と過ごすため週末ラスベガスに行きました。『ダンボ』 のプレミア以来会う機会のなかった、ティム・バートンやダニー・デビート達と素敵な時間を過ごしました。我々はまた、ジョニー・デップに挨拶してちょっと話しました」 と、あって週末に関係者、プレス向けの内覧会(プレ・オープン?)みたいのがあったんじゃないでしょうか。週末っていつかな?土曜か日曜か、、写真の出た日付からして10月13日だと思う。





13日にはオープニング・パーティーが行われ、バートン監督お気に入りのラスベガスのバンド ”ザ・キラーズ”のパフォーマンスがあったということです。変なテンションのティム監督です。酔っ払ってるわけではない!(数年前にこのバンドのMVをティム監督が作りました、ウィノナ・ライダー出演で)








ブルックスの裁判、イタリアの音楽誌表紙のヴァンパイアーズ

Posted by リラン on 14.2019 裁判関係 0 comments 0 trackback
台風のニュースで気持ちが萎えていましたが、再開します。見てくださる皆さんのエリアが大きな被害を受けていないと良いのですけど、、数日前に書いていた記事からアップします。


ブルックスの裁判で少しジョニーに有利な裁判所の判断が下されたようです。10月10日付の“The BLAST” の記事(以前から出ている事件の経緯などは省略)です。

ジョニーデップは今後の裁判において、アンバーハードに対し彼の薬物使用の疑惑については、立ち入り禁止の命令を受け法廷における小さな勝利を記録しました。

“The BLAST”が入手した法廷文書によると、ロサンゼルスの裁判官はデップ側に付き、彼の動議を認めました。この動議は、彼の元妻またはこの裁判事件において、薬物使用の疑惑についての証拠や証言を禁止する要求です。

今年初め、グレッグ“ロッキー”ブルックスは、「シティ・オブ・ライズ」のセットで彼を暴行したとしてデップを訴えました。デップは疑惑を否定し、自己防衛を主張した。裁判は10月21日に始まる予定です。

俳優は、ハードと薬物使用の疑惑について陪審員に言及しないように嘆願していた。俳優は、これが陪審員に不適切な影響を与える可能性があると言いました。彼は離婚に関する多くの報道が彼を悪く見せたと言います。ハードについて話す唯一の理由は、悪い面を強調して彼を描くからだと彼は信じています。

ブルックスは問題は関連していると主張し、デップをシャットダウンするように頼みました。




IFOD さんからの情報です。イタリアの音楽雑誌の10月号表紙がヴァンパイアーズです、ジョー・スミスさんのインタビュー記事があるようです。ジョニーがカッコ良いね アリスさんの言葉として、ヴァンパイアーズは2020年8月からツアーを始めるようですよ。オリンピックもあるし日本にも来て欲しいですね。

1014 Guitar Club 1


いつもながらジョニーのTシャツの柄が気になります。最近のエアロスミスとのライブ(ロッド・スチュワートとの写真でも)で着ていたシャツです。どこかのロックバンドのTシャツかなと、読める文字で検索したけれど分からなかったですね。

1012 Johnnys T1 1012 Johnnys T1_edited-1

1012 Johnnys T 2 1012 Johnnys T 2_edited-1

図柄は中指を立てている手のように見えるのですが、読める文字は、(White)(Rabbit)(First)(Grape)、、そして中指には(Since2012)、、かな?と思うのですけどね、Since とあるから洋服屋さんか食べ物屋さんのモノとも考えられますね。


IFOD(Johnny Depp Rocks)さんから、38年前に地元で行ったバンド・バトルで2位になった“The Kids”の音源、曲は“Time is the Key(Pierre Moerlen's Gong)” です。








ロス・ハルフィンさんのダイアリー、10月10日のラスベガス

Posted by リラン on 11.2019 音楽活動 0 comments 0 trackback
皆さま、台風への備えはお済みでしょうか?我が家も台風直撃予報の範囲内にあるので、とても心配です。皆さまの家も、我が家も被害が少なくて済むようにお祈りしましょう!“命を守る行動を、、”などと言われても、電柱なんかが倒れて来たら防ぎようがありませんよね ( ‘o’) もう、神頼みしかないですね!


ロス・ハルフィンさんの ダイアリー が更新で、10月10日のエアロスミスとの写真がアップされています。スティーブンとティム監督は良いコンビ


1011 ross halfin

「スティーブン・タイラーが翌日“なんて素晴らしい夜なんだ、もうヘトヘトだよ” とメールで言っていたようにそれは素晴らしい雰囲気だった。そして、スティーブンは正しかった。ジョニー・デップ、ティム・バートン、そしてブラッドとトムにも会えて嬉しかった」


1011 Johnny Joe

1011 ross halfin 3 1011 ross halfin 4 1011 Steven tim

1011 Johnny Brad 1 1011 Johnny Brad 2 1011 Johnny Brad 3


オマケ、、上の写真でジョニーと写っているのはブラッド・ウィットフォードさんで、下の写真を撮ったザックさんのお父さん。


この投稿をInstagramで見る

Two of God’s own prototypes.

Zack Whitfordさん(@zack.whitford)がシェアした投稿 -



コメントに「Two of God's own prototypes」 って、書いてありますね、プロトタイプ、は“試作品” 的な言葉で、「神の試作品の二人」 くらいの意味だと思うのですが、何かの熟語かな、、と思って検索してみたら、ハンター・エス・トンプソンさんの“ラスベガス、、”からの引用のようです。元は「One of God's own prototypes」 映画では、飛行機に乗るデルトロの弁護士を見送るラウルのセリフにあります。








ロッキー・ブルックスの裁判、ブルックスとジョニーのセルフィー

Posted by リラン on 10.2019 裁判関係 0 comments 0 trackback
“シティ・オブ・ライズ”のセットでジョニーに殴られた、、と訴え出たロケーション・マネージャー ロッキー・ブルックスの裁判、ジョニーとブルックスが撮ったセルフィーが(ジョニーの証言通りに)出てきました。ジョニーの勝利は確定ですか?その写真を見ると、ブルックスが誰かに教唆されて裁判を起こしたとしか思えない。。ジョニーの弁護士アダム・ウォルドマンさんはハードの弁護士とブルックスの弁護士が繋がっている、、と見ているようですよ。


The Blast 10月8日付の記事です。

【ジョニーデップ暴行事件: 事件の後、彼と被害者が抱き合う写真を見て】

ジョニーデップは、セットでの事件の後、暴行で彼を訴えた男とハグをしセルフィーを撮ったと主張しました。我々は写真のコピーを持っていて、デップが真実を話したのが明らかになった。

我々は、ロッキー・ブルックスが求めたデップとの本物のセルフィーを手に入れた。

1010 Blast

ご覧の通り、ジョニーもロッキーも微笑んでいて、ブルックスは事件による負傷も見得ないようです。

写真はデップの証拠として提出されたと伝えられている。デップはブルックスが、セットでのやり取りを、誇張している事を証明したいと考えている。

デップはブルックスの宣誓証言で証言し、彼らは撮影の終わりを祝して赤ワインで乾杯したと話した。話の中で、彼はブルックスが俳優と一緒に写真を撮る事をお願いしたと言った。

実際、ブルックスはデップと一緒で全て良かったと書いて、他の人々に写真を送っている。1つのケースでは、サングラスと笑顔の絵文字を含む「that's a wrap」の引用文も書いている。

1010 selfy

写真を送られた人々の中には、文章を変えて事件の弁護士もいる。

「実は、アシスタントにワインのボトルを持ってきてもらい、紙コップで乾杯しました。危害も衝突もない、私は謝った。彼も謝って、彼をハグしました。我々は抱擁し、全てがクールだった。実際のところ、彼は私とセルフィーを求め、私と彼は一緒に撮りました」 と、デップは宣誓証言の質問中に言いました。

デップの弁護士アダム・ウォルドマンはThe Blast に、こう語る。
「今日、デップ氏が知らないもう一人の内部告発者は、写真とテキストの交換を提示することによって真実を守るために戻ってきたと感じた。そして昨日、Fujie 判事は、アンバー・ハードの無関係なロッキー・ブルックスの動きの全てを否定した。ブルック氏の動きは、彼の弁護士Tamar Arminak と Arbella Azizian が、“アンバーハードの弁護士エリック・ジョージと協力している”という意味を暴露した。我々は裁判の後に、悪質な起訴をしたブルックス氏の弁護士に対する制裁を求めるつもりです」



上の“The BLAST” の記事にはなかったのですが、下のTwitterについているやり取りは、法廷文書の一部だと思うのですが、答えているのはブルックス。




Q: グティエレスさんが撮った自分とデップさんの写真を 最後に見たのは?

A: フェイスブックから消した時

Q: それはいつですか?

A: 私が訴訟を起こした直後

Q: 訴訟を起こした直後に なぜ写真を消したのですか?

A: そこにあるのは良くないと思ったから

Q: そして、なぜあなたはそれがそこにあるのは良くないと思ったのですか?

A: 常識で

Q: 写真は、訴訟を起こした日まで、事件の翌日からFacebookページに残っていましたか?

A: はい

Q: あなたとデップさんは写真の中で二人とも微笑んでいましたか



この写真は厳密に言うと、セルフィーではないですね。セルフィーって自撮りでしょう?その場に居たグティエレスさんって方が撮ったんですよね。ブルックスは最悪だけど、、素敵なジョニー

ハードへの名誉毀損の裁判関係では、イーロン・マスクに正式に宣誓証言への召喚状が行ったようです。ハードとのやり取りのメールとかの提出が求められるらしいです。






10月8日ラスベガス、ジョニーとエアロスミスのビデオと写真第2弾

Posted by リラン on 10.2019 音楽活動 0 comments 0 trackback
写真やビデオがまだまだ出ています。ジョニーはアンコールの前、本編ラスト14曲目(“Toys in the Attic)”に登場しました。


今回、エアロスミスの公演でストリングスを担当しているカルテットの方々と。

1010 Las Vegas cello

上の写真は コチラ から。 「私たちは昨夜ジョニー・デップに会ったの、本当にパニックだわ!!なにが起きて驚いたのか説明します、エアロスミスでの活動の他にジョー・ペリーは、アリス・クーパーやジョニー・デップがいるハリウッド・ヴァンパイアーズという他のバンドでもプレイしています。昨夜のショーの最後にサプライズ・ゲストでジョニーが来て“Toys in The Attic(屋根裏部屋のおもちゃ)” をプレイしたの。私達にとって幸運なことに、ジョニーは彼の演奏の後、しばらく舞台裏にいて、私達ストリングスの女の子と一緒に過ごしました!昨日の朝はこんな夜になるとは信じられませんでした。まだ信じられないわ!」









ジョーさんは、ハリウッド・ヴァンパイアーズのジャケットを着ています。

1010 Hollywood Vampires 1

1010 Las Veas 3 1010 Las Vegas





10月8日、今度はエアロスミスとステージに立つジョニー!

Posted by リラン on 09.2019 音楽活動 0 comments 0 trackback
ジョニーには驚かされますね、今度は『エアロスミス』のラスベガス公演に殴り込み、、参加しました。

ラスベガスには“レジデンシー公演”と呼ばれるものがあって、長期間に渡って一人の(1組の)アーティストが公演をやるそうです。会場は5000人収容規模の比較的小さな劇場で(だから近くで観られる)行われる。エアロスミスは今年の4月から2020年6月まで各月4から6回ほど行われ、10月はジョニーが参加した8日が最終日で11月14日にまた帰って来ます。


1009 Aerosmith 9

エアロスミスの公式 facebook より 「ボストンのバッドボーイ(エアロスミス)とジョニーデップがラスベガスにさよならを言う。我々は11月14日に戻ってくるよ、また会おう!」

この写真を撮ったザック・ウィットフォード(メンバーのブラッド・ウィットフォードの息子の写真家)のインスタにあった情報

「ラスベガスでのエアロスミス最後のショー。ジョニーがいました。ティム・バートンは舞台袖から観ていた。バンドはアンコールの間、即興で“移民の歌(レッド・ツェッぺリン)” をやり、僕は嬉しくて笑ってしまった。素晴らしいロックンロールの瞬間」


写真はJohnnydepp.ruさんからです。

1009 Aerosmith 2 1009 Aerosmith 3 1009 Aerosmith 4 1009 Aerosmith 5

1009 Aerosmith 1 1009 Aerosmith 6 1009 Aerosmith 7 1009 Tim Burton









ロス・ハルフィンさんのダイアリーが更新10月6日のラスベガス

Posted by リラン on 09.2019 音楽活動 0 comments 0 trackback
待っていました!ロス・ハルフィンさんのダイアリーが更新になっていて、ジョニーの写真も沢山出ています。ティム監督の写真はないですね、プライベートな写真だという事でしょうか。

1009 Ross Halfin 1

私はジョニー・デップさんと一緒に夜を過ごすため、ストーン・テンプル・パイロットの写真を撮りにラスベガスに戻って来た。ロバートとディーンの兄弟に会えて嬉しかった。“ライヴァル・サンズ”は特別ゲストだった、さて、仮に我々には意見の相違(諍い?)があったしよう。私は彼らに会うのが喜びだったと言わなければならない、ジェイ・ブキャナンとは良い暖かい会話をした、良い夜になった。次の日の午後はジョー・ペリーさんのカンパニーで過ごし、1日の終わりにお互いの写真を撮った。 


1009 Ross Halfin 2 1009 Ross Halfin 3 1009 Ross Halfin 4

1009 Ross Halfin 6 1009 Ross Halfin 7

この方達は“ライヴァル・サンズ(Rival Sons)”のメンバー、公演は“ストーン・テンプル・パイロット”とのジョイントでした。帽子の方が(ロス・ハルフィンさんのコメントにあった)ヴォーカルのジェイ・ブキャナンさんです。

1009 Ross Halfin 10

ジョー・ペリーさんと。この写真はロス・ハルフィンさん以外の人が撮った、、って事ですよね。

1009 Ross Halfin Joe Perry






 HOME