FC2ブログ

開催中のAFMで“Minamata”のフッテージが上映された

Posted by リラン on 09.2019 未分類 0 comments 0 trackback
タイトルに書いたくらいの情報しかないのですが、11月6日〜13日の期間、サンタモニカで開催される『アメリカン・フィルム・マーケット(AFM) 』 で、製作会社の HanWay Films のプレゼンもあり、ジョニー主演の“Minamata” のフッテージが上映されたそうです。フッテージ、、映画を理解してもらうための短い映像、、くらいの意味でしょうか。記事は コチラ の最後にちょこっと言及されていました。


1108 AFM 6


アメリカン・フィルム・マーケットは世界有数の映画の見本市で、新作映画のプロモーションや、商談、製作者向けのワークショップなどが行われる、AFMのメイン会場はサンタモニカの高級ホテルで、ホテルの部屋や周辺の映画館を貸し切って試写会やイベントが開催される。映画の売買だけでなく、撮影地の勧誘とか映像に関するあらゆる商談が行われるそうです。

AFMは、フランスの“カンヌ”やイタリアの「MIFED」と並ぶ大きな見本市で7000人以上の映画のプロが集まるそうです。“Minamata” のこの写真も、今年のカンヌでの見本市で初めて公開されました。何か今回のAFMからも出て来ると良いですね。

1108 minamata


“Minamata” は、来年の各地の映画祭に出してから公開になるんだと思いますが、IMDb によると、ポルトガルとトルコだけは2020年9月に公開が決まっているようですよ、だからその前に、、カンヌ映画祭は5月、、映画は完成していると思われます。



オマケ、“Minamata” の過去記事を探していた時にブログに貼ってあった“ヴァンパイアーズ”のジョニー。素敵です

1108 Vampires 1108 Johnny Tommy 1108 Vampires 3





スポンサーサイト



“Dior SAUVAGE”、新しいCMの音楽にはジェフ・ベックも参加

Posted by リラン on 31.2019 未分類 0 comments 0 trackback
Dior SAUVAGE のCM映像、音楽が気になっていたのですが、前回と同じライ・クーダーの楽曲かと思ったのですが、今回はよりワイルドに荒々しさを強調したリンク・レイというギターリストの 「ランブル(Rumble:スラングで「チンピラの喧嘩」)」 という楽曲だそうです。

リンク・レイ : 歪んだオーバードライブ・サウンドの導入やパワーコードの開発など、現代のギタリストが使用する様々なサウンドプロダクション、方法論の開祖として著名である[1]と同時に、パンク、ヘヴィロックの先駆者のひとりでもある。 〈ウィキペディアより〉

コチラ の記事によると、演奏にはジェフ・ベックも参加しているらしい。


ジョニー・デップは、今週木曜日にリリースされた“Dior Sauvage” の60秒スポットに出演しています。ユタ州映画委員会(Urah Film Commission)は木曜日に、この広告はユタ州南東部のグランド郡とサンファン郡で撮影されたと話しました。

0831 Savage 0831 Savage 2


CMは「私たちは土地です(We Are the Land)」 というタイトルを持ち、製品名を除いてデップの唯一のナレーションです。Dior のプレス・ノートによると、この広告は 「完全なる手付かずの自然の中心に移動する継続的な探求」 を表しています。

CMでは、デップが小川の中を歩き、岩を積み重ねて自分の道を示しているのが見られます。他の場所では Rosebud Sioux のメンバーCunku One Star が崖の上で “War Dance” を踊り、遠方からは 若い女性(カナダの女優 Tanaya Beatty)がデップに続きます。

その後、デップはエレキギターを取るため、ネイティブ・アメリカンの毛布を持ち上げます。彼は Shawnee ギターのレジェンド、リンク・レイ(Link Wray)の“ランブル(Rumble)”からの有名なリフを演奏します。この曲は1995年の映画“パルプ・フィクション”にも使われている。

アリスクーパーやジョー・ペリーとのバンド “ハリウッド・ヴァンパイアーズ” の一員であるデップは、映像には現れないがこの広告ではジェフ・ベックと「ランブル」を演奏している。

もう1つのCMの舞台裏のビデオでは、デップはこう言っています。「広告の中の全てが、いくつかの記号的な関連を持っている、、まるで土地の音が聞こえるような気がします」



朝から問題のCM映像が見られなくなっています、、許可が必要、、コマーシャルなのに大々的な公開をストップしたのには、理由がありました。ネイティブ・アメリカン保護に敏感な人たちから SNS で批判が相次いで出たからのようです。ディオール側はネイティブの人たちを扱うのに問題が出ると困るから、関係者から意見を聞いたりして注意を払ったようなのですけど。







6月1日、ジョニーはレディー・ガガの元フィアンセとユタに

Posted by リラン on 04.2019 未分類 0 comments 0 trackback
クリスチャン・カリーノという方のインスタグラムにジョニーの写真が投稿されました。調べたらカリーノさんは今年の2月に別れたと報道されたレディー・ガガの元フィアンセ。

0604 Johnny Arizona

カリーノさんのインスタには短い映像も(ジョニーなし)

この投稿をInstagramで見る

soundtrack courtesy of god.

@ christiancarinoがシェアした投稿 -



この場所はどこ?最近の写真でロサンゼルスにいた事が分かっているので、カリフォルニアの近く、、アリゾナ?ユタ?と目星を付けていたのですが、最近出た レディー・ガガの記事 に上の写真の事が触れられていて「一方、カリーノのインスタグラムによると、彼は週末にジョニー・デップと一緒にユタにいたそうです。」という事で場所が確定です。
カリーノさんはタレント・エージェント(CAA)だという事で、ハリー・スタイルズやジャスティン・ビーバーの代理人もやっているらしい。どうしてジョニーがその人とユタに行ったのか気になるところですね。

ジャケットは昨日アップしたモノと同じ。

0603 leather jacket 1






5月16日のヴァンパイアーズは“SANDIA”アルバカーキでのライブ

Posted by リラン on 18.2019 未分類 0 comments 0 trackback
5月17日のアリゾナ“TALKING STICK RESORT”での写真も出ていますが、まずは16日アルバカーキでの写真アップしておきます。

KYLER CLARK さん撮影のカッコイイ写真

0517 Kyler Clark

ロス・ハルフィンさん撮影の新しい写真(インスタグラムより)

0518 Ross Halfin 0518 Mott the Hoople

ジョニーはTシャツを指差しているのでしょうか?イアン・ハンターさんのバンド“MOTTO THE HOOPLE”のTシャツでした。下のトミーさんとの写真もロス・ハルフィンさんだと思います。

0518 Tommy Johnny 4 0518 Tommy Johnny 3

よく似た状況の写真、、同じ日の写真だと勘違いしました。

0518 Tommy Johnny 1 0518 Tommy Johnny 2


写真はJohnnydepp.ruさんより

0518 0516 Sandia 0518 0516 Sandia 3 0518 0516 Sandia 4 0518 0516 Sandia2





12月14日“Waiting for the Barbarians”の撮影がローマで終了

Posted by リラン on 16.2018 未分類 0 comments 0 trackback
“ウェイティング・フォー・ザ・バーバリアンズ” は、12月14日にローマで“Production Wraps” を迎えたそうです。11月28日にマラケシュでの撮影が終わって、そのあとは“イタリアかチリ”で撮影、、と情報が出ていましたが、ローマで最終の作業を行ったようです。ジョニーはローマに行ったのでしょうか?行った形跡はないですね。

1217 Wrap morocco

撮影期間をまとめると、、11月3日(マラケシュ)でスタート、 11月28日までマラケシュで撮影、、その後モロッコのどこかで12月6日まで撮影、、12月14日(ローマ)で撮影完了、、という流れかと。


Broadway world からの記事です。

今年最も話題となった映画の1つ、ノーベル賞を受賞した作家であるJ.M. Coetzee原作、監督シーロ・ゲーラ、Andrea Iervolino, Monika Bacardi プロデュース、ジョニーデップ、マーク・ライランス、ロバート・パティンソン出演の『ウィティング・フォー・ザ・バーバリアンズ』のプロダクションが本日ローマで終了した。

この映画はプロデューサー Andrea Iervolino の social entertainment platform “TaTaTu”により資金調達をしている。“TaTaTu”と並んで、映画は“Lervolino”と“Monica Bacardi”のAMBI メディア・グループの他に、“Micheal Fitzgerald” と “Olga Segura”によってプロデュースされる。

“ウェイティング・フォー・ザ・バーバリアンズ”は、小さな開拓地で働く帝国の忠実な僕である執政官(ライランス)の、良心の危機を中心に描きます。帝国の将校であるマンデル(パティンソン)は、執政官が野蛮人(バーバリアンズ)を逃した反逆罪で囚われたのちに、執政官として赴任します。デップは邪悪なジョル大佐を演じます。

物語は抑圧をされる側と、抑圧をする側との戦いの驚くべき寓話です。マンデルのキャラクターは、彼が感じる正義と帝国に対する彼の忠誠の間で選択を迫られます。

AMBI Distribution のグローバル・セールス部門である AMBI メディア・グループが全世界の販売を取り扱います。



ロブさんは結局良い人っぽい役ですねー、ジョニーは徹底的に悪い人の役。プロデューサーの1人オルガさんのインスタから、ローマからのラップ報告です。

View this post on Instagram

That’s a wrap 🎬 💃🏽✨ #WaitingForTheBarbarians

Olga Seguraさん(@olguitasegura)がシェアした投稿 -



最近、ニューヨーク・タイムズが “バーバリアンは内にある(The Barbarians are Within)” というタイトルで、この原作本の解説をしています。記事に使われている写真はトランプ大統領、、現在に通ずるお話しのようです。紳士ヅラしていて野蛮人、、というのはジョニーがやりたがる役かも。





ジーナ・デュータースさんのインスタから6月のウェンブリーのジョニー

Posted by リラン on 14.2018 未分類 0 comments 0 trackback
ジョニーのアシスタント、スティーブン・デュータースさんの奥さんのインスタから今年6月20日ロンドンの“ウェンブリー・スタジアム”でのヴァンパイアーズのライブの時に撮られた写真がアップされました。グレッグ・ウィリアムスさんがジョニーの写真を撮っているところ。。

1214 Greg Williams
オリジナルは コチラ

この時グレッグさんが撮った写真は一枚だけ出ていましたね。他にも沢山撮ったんでしょうに。。

1214 Wembley



全く個人的なミーハー根性でのオマケ、、グレッグ・ウィリアムスさんの現在の彼女はモデルのエリザ・カミングスのようで、現在彼女は妊娠中、4月にグレッグさんはパパになるそうです、、で、何に興味を持ったかと言うと、エリザさんはグレッグさんの元パートナーのアリス・テンパリーさん(デザイナー)にそっくりです!やっぱり、好きになる人って似ているのでしょうか、ヨリを戻したのかと思っちゃった、、別に良いけど、、でもテンバリーさんは今でもハードの友人のようだし、、

1214 Greg Elliza






仮想通貨(用語)、覚え書き

Posted by リラン on 28.2018 未分類 0 comments 0 trackback
仮想通貨(Cryptocurrency)
  プログラミング言語で書かれたソフトウェア。ブロックチェーンにサービスやコンテンツを、展開出来る土台となる環境を持つ通貨

プラットフォーム(platform)= 土台となっている環境のこと、サービスやモノを展開する土台、 SNS (facebookなど)

ブロック・チェーン(Blockchain) = これまでの取引の全てを記録したデータベース、記録された取引情報は、世界中のコンピューターに分散管理される 

仮想通貨プラットフォーム= 分散型プラットフォーム= サービスやコンテンツが分散管理されるプラットフォーム

トークン(token)= ビットコインやイーサリアムなどの既存のブロックチェーンを利用して発行・流通される仮想通貨。


例えとして『facebook』、『ビットコイン』との違い

『facebookの場合、誰もが気軽に情報を発信できると同時に、facebook社は企業への広告掲載サービスを提供するプラットフォームであり、企業からの利用料で収入を得る。facebookの企業からの利用料の支払いが法定通貨(円、ドルなど)であるのに対し、仮想通貨プラットフォームでは、利用料の支払いが仮想通貨で行われる 』

『サービスの提供から、情報の管理、各種アップデートまでfacebook社が行う。仮想通貨プラットフォームでは、分散管理されるため“特定の管理者”は必要ない』

『ビットコイン(Bitcoin)= 通貨型仮想通貨 =通貨として開発された仮想通貨。ビットコインのブロックチェーンには売買の取引しか記録されない。 プラットフォーム型仮想通貨のブロックチェーンには、契約情報、アプリ、ゲーム、動画他のコンテンツも記録される』

プラットフォーム型仮想通貨は、ブロックチェーン技術を応用した次世代のプラットフォーム


“ポッターモア日本版” からファンタビ、コミコン予告編から分かる事

Posted by リラン on 01.2018 未分類 0 comments 0 trackback
9月1日は、イギリスの魔法学校“ホグワーツ” の新学期が始まる日、という事で、ホグワーツ特急が発車するキングス・クロス駅、9と3/4番線(観光用に実際にある) で、エディ・レッドメインとジュード・ロウを招いてファンタビのイベントがあったようです。



9月1日の入学式に合わせて、メイキングの新たな映像も出ました、グリンデルバルドの出番はなしです。




J.K.ローリングさん監修の公式サイト、ポッターモア日本版 に、英語版では7月に出ていた 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のコミコン予告編から分かること がやっと出ました。 

コミコンの予告編で意味のわからないシーンがあったのですが、グリンデルバルドに関係なさそうだから、、と気にも止めていなかったシーンが、、関係大ありでした!

白い髪の魔女が空を浮いている、、と思っていたのが、グリンデルバルドでした! 「アメリカ合衆国魔法議会 (MACUSA)は、ぼろぼろになったグリンデルバルド(ジョニー・デップ)を宙に浮かせて、MACUSAのなかにある独房棟のようなところに連れて行きます。」  というシーンのようです。

0901 Grindelwald











ジョナサン・ショーの映画完成資金協力呼びかけのビデオにジョニー

Posted by リラン on 26.2018 未分類 0 comments 0 trackback
DEPP LOVERS さんからの情報です。 タトゥー・アーティストでジョニーの友人“ジョナサン・ショー” さんのドキュメンタリー映画 『SCAB VENDOR』 が、完成を間近にして資金不足になり、クラウド ファンディング(インターネットを通じての資金調達) の呼びかけをしています。 公開されたビデオには初公開のジョニーの映像も!
この映画 『Scab Vendor - The Life and Times of Jonathan Shaw』 のサイトは コチラ です。



Scab Vendor Seed&Spark Campaign from MARACA on Vimeo.




スマホで撮ったので汚い画像ですが、こんなジョニーがいます

0326 scab Vendor 2 0326 scab vendor 3 0326 scab vendor 4 0326 scab vendor1






知らぬ間に増えていたジョニーのタトゥーの話(KILL4MEから)

Posted by リラン on 21.2018 未分類 0 comments 0 trackback
Zoneさんで 「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」 の新しいポスター、、と言って一枚の絵が。

0321 Hollywood Vampires2

この絵は Amoykid さんという方が描かれて今年の1月に SNS にアップされたもの。 この方の絵は海外のファンサイトで良く見かけていて、そこのサイトの絵の上手な方が描かれたのかな、、と深く考えなかったのですが、この方は中国のジョニーファンでした。 可愛いジョニーの絵が コチラ に沢山あります。プロじゃ無いのかな?上手すぎです。

こんなカッコ良いタッチの絵も。

0321 Amoykid 1

これは、パイレーツ5の上海プレミアの時にサインをもらったそうです。

0321 Potc 5 Shanghai Premiere

この方の ツイッター を見ていたら、Margaret Xのをリツイートした興味深いものがあって、マンソンさんの “KILL4ME” の映像から、ジョニーには新しいタトゥーが増えていたようです。



問題の(?)ジョニーの背中にあるタトゥー

0321 Kill4Me

0321 Kill4Me4 0321 ouroboros

ウロボロス(ouroboros)と呼ばれる、蛇(もしくはドラゴン)が自分の尻尾を飲み込んでいる図柄ですが、古代からいろいろな文明でこの図柄が発見されていて、象徴として、死と再生、不老不死、完全性、宇宙、ミクロとマクロの統一、、などなどあらゆる意味があるようです。

ジョニーがタトゥーに取り入れたデザインは、18世紀のドイツの天文学者ヨハン・ボーデ(Johann Elert Bode)の『星空の知識入門』 (Anleitung zur Kenntniss des gestirnten Himmels) に描かれている図柄だという事です。

ジョニーの背中には、マンソンさんとお揃いのボードレール詩集“悪の華” からのものがローン・レンジャーの頃からありました。下の写真はジョニーのスタントさん。

0321 Tattoo Lone Ranger

この角度からは新しいタトゥー見えない?右肩近くにあるのかな。文章が書かれたタトゥーもあるけど、これは前からあったのかな?

0321 Johnny the back

なんか激しいラブシーンに嫉妬して良く観なかったので気がつかなかったのかな。でもステキなジョニー

0321 Kill4Me 2

お口直し(?)にジェントルマンなジョニーを

0320 Mortdecai






 HOME