FC2ブログ

パイレーツ・オブ・カリビアンのリブート企画の噂について

Posted by リラン on 16.2019 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
先週、“パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊”の監督ヨアヒム・ローニングがインスタを更新して、「オーストラリアのセットでのリラックスした演出」のコメントで写真をアップしました。





なぜ、今この写真を?、、と考えたわけですが、少し前から“パイレーツ・オブ・カリビアン”の“リブート”企画があり、その再始動するシリーズにはジョニーは出演しないと言う噂がマスコミに出回ったんですが、そのことに関係があるのかな、、と思いました。

“ジョニーデップがシリーズからお払い箱になった”的な意地悪い書方されているのもあり腹が立ちますが、リブート企画はシリーズ物にはありがちで、主演俳優が変わっても騒ぐことではないのですが、、ジョニーが大スターでありすぎて、ジャック・スパロウが代名詞みたいになっちゃったからなんでしょうか。最近だって、ウィル・スミスの“MIB”のリブートで主役がクリス・ヘムズワースになりました、それでも大騒ぎしないのに。

1. 今のところ出て来たニュースは、ディズニー・スタジオのプロダクションチーフ=ショーン・ベイリーが取材に対し、「私はパイレーツ・シリーズが大好きである。我々は新たなエネルギーやバイタリティを作品に取り込んでいきたい」と、ジョニーが同シリーズから卒業する噂を遠回しに肯定するような発言をしていた。

2. “デッドプール”を大ヒットさせた脚本家を雇った。


出ているのは、それだけなんですけどね、ヨアヒム・ローニング監督はパイレーツ5の後に、ディズニーの“マレフィセント 2”の監督を任されたから、パイレーツ6の監督に復帰することもありえますね。


Forbes”の記事を訳しました、時間があったら読んでください。最後まで読むと、書いている人はジョニーのジャック・スパロウに好意的だと言うことがわかりました。


1221 border design 5

ディズニーからの正式な発表はないが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の元脚本家ステュアート・ビーティーによると、ジョニー・デップはリブート(再起動)に戻ってこない可能性が高いです。

【パイレーツ・シリーズの脚本家は4人いて、ステュアート・ビーティーは脚本の元になるストーリーを作る段階の作業をする人のようです。】

ビーティーは自分もリブートには関わっていないと言い、「彼は素晴らしい走りをしたと思う。明らかに、彼は自分のキャラクターを作り、最も有名なものになりました、今は、“難しい顔をしないで、それは終わったんだから、笑って、それは起きたことだから”と、言うでしょう。」

キャプテン・ジャック・スパロウの死は、巨大なドル箱である偶像的なキャラクターとしての避けられず、そして、あり得ない事のように思えました。しかし、デップ自身は長い間彼の家族にふさわしい光沢を失いました。

元妻アンバー・ハードからの信じられないほど厄介な離婚は、デップがDVを告発する中で、最愛の俳優のイメージは公の目から永久に悪化させました。その後、デップは元ビジネス・マネージャー達に対する数百万ドルのい訴訟を起こし、それと和解しました。

言うまでもなく、“ファンタスティック・ビースト”のファンは、黒い魔法使いグリンデルバルドへのデップのキャスティングが明らかにされて以来、疑問の声を上げ続けています。

ローリング・ストーン誌のインタビューは、ジャック・スパロウのように締まりのない現実のデップとして、マイナスのイメージでデップを描写しました。デップは、キース・リチャーズやハンター・S・トンプソンのような、年がら年中酩酊しているアイコンを崇拝している事で知られており、彼らの足取りを追っているように見えます。そして、奇妙に並行して、最後のパイレーツ映画“最後の海賊”のジャック・スパロウは、狡猾なペテン師でなくいつも混乱しているバカ者に見えました。

それは年とったアルコール中毒患者の気を滅入らせる現実的な描写であり、元々のキャラクターの馬鹿者の振りをして誰よりも先を見ている描写から遠く離れたものでした。続編(“最後の海賊”)を通して、抜け目のない酔っ払いのボクサーから救いのない飲んだくれの風刺画へゆっくりとシフトしてい来ました。

だから、ある意味では、ディズニーが俳優を外してゼロから始めようとしている事は驚く事ではありません。しかし、ジャック・スパロウは、疑う余地なく、人々がこのシリーズが好きな理由であり、これらの映画がボックス・オフィースで儲けられる理由でした。

彼の存在が、シリーズの続編が直ぐに平凡な出来に陥ったにも拘らず、我々が映画館に足を運び続けた理由です。パイレーツ・オブ・カリビアンはジャック・スパロウ、、海のロック・スター、、なしでは何もありません。

最初のパイレーツの成功は、ほとんどアクシデント(偶然の出来事)だった、と言う点は注目に値します。誰がテーマパークのアトラクションをベースにした映画が面白いと思ったでしょう? スター・ウォーズがポップ・カルチャーの遺物に成り下がって以来、クールではなかった海賊が、世間にとってとても魅力的でしょうか。

陽気な浮かれ騒ぎ、、ディズニーのお偉方はデップのオリジナル・パフォーマンスを理解しませんでした、、全然。彼らはデップが意図的にゲイを連想させる仕草をキャラクターに吹き込み、その演技が保守的な家族層を震え上がらせ、映画を破壊することを恐れた、、と伝えられます。

しかし、『パイレーツ・オブ・カリビアン:呪われた海賊』は、思うに、すぐに『インディー・ジョーンズ』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に並ぶ完璧な超大作となりました。それは、永遠に繰り返し観られるポップコーン・ムービーの古典であり、その至福に満ちた思い出が、私たちに“楽しいけれど記憶に残らない”続編を観に行かせます。

したがって、ディズニーはリブートを成功させるには、“dark and gritty(ダークでリアルな)”と言うフレーズを使わずに、完全に作品のトーンを変えるか、もしくは、ジョニー・デップのモノマネではない、再びクールな海賊を演れる巨大なカリスマ的な俳優を見つけるしかない。

なぜならば、それは元々の設定ではありませんでした、このシリーズが我々に売ったストーリー(それらは素晴らしかったけれど)は、反乱軍のロマンティックな話だった。そのタトゥー、後始末をうまく逃れ、その言葉に憂鬱な意味など何もない、楽しさいっぱいの子供のようなドレッドヘアーの男。

ジャック・スパロウは、ハンソロ(スターウォーズ)の現代版であり、道徳的なコンパスを減じた者だった。誰かが不正な反乱に手を貸す役割を果たす必要がありますが、それを完全に再解釈して自分の物にします。ディズニーは、そんな役割を怖がらない別の俳優を探す必要があります。

このようなパフォーマンスを創るのは、たとえディズニーの財源を持ってしても難しいです。思い出してください、この会社はジャック・スパロウを派手すぎると言ってクビにしようとした会社です。私は彼らが再び、(世界初の、そして唯一つの)富を産むテーマパークのシリーズのバカげた成功をすることが出来るのか興味を持っています。

その最初の映画では、彼らはその美しい光がどこから来ているのか全く理解せず、ボトルの中に稲妻を捕らえることができたようです。神話、おとぎ話、映画、テレビ、そして都市伝説、いろいろな形において私はストーリーテーリングに魅了されています。


1221 border design 5


カメオでも良いからジョニーのジャック・スパロウを存続させてもらいたい(もし、リブートが創られるなら)かな、やっぱり。





スポンサーサイト



今年6月のパイレーツ:最後の海賊、ジャパンプレミアでのジョニー

Posted by リラン on 29.2017 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
DEPP LOVERS さんにあった動画です、通訳の鈴木小百合さんがいるから日本?、、今年6月のパイレーツのプレミアなんですねー。帽子被ってたイメージなかったからあれ?って思っちゃった。キャプションによると、ジェリーさんのことを “僕のママだよ” って言っているのですって。




1229 Premiere13

1229 Pirates premiere 1229 Pirates Premiere2 1229 Pirates Premiere3

なに?!なにイチャイチャしてるの??なんてね。

1229 Pemiere11





4月16日のコーチェラでパイレーツ・オブ・カリビアンの演奏

Posted by リラン on 24.2017 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
カリフォルニアで開催の世界最大級の野外フェス、『コーチェラ・フェス2017』の4月16日に映画音楽の巨匠、ハンス・ジマーが登場、“パイレーツ・オブ・カリビアン” や “インセプテョン” などの演奏があったようです。

パイレーツ・オブ・カリビアン、、かっこ良いです♪



ハンスジマー、インセプションではギターを演奏



ファレル・ウィリアムスがゲスト出演、ハンス・ジマーとコラボしました。

Come get it bae 📷: @charles.reagan

Coachellaさん(@coachella)がシェアした投稿 -








アナハイムのDL、カリブの海賊50周年イベントにジョニーは?

Posted by リラン on 19.2017 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
カリブの海賊50周年イベントのサプライズでジョニーが来場するかも、、というお知らせをしましたが、現地で夜の10時も過ぎてどこからも写真が出て来ません、やっぱりサプライズでジョニーが来るかも、、期待しすぎのモノだったようです、残念!!

でも、Deppography さんにはIFOD(イタリアン・ファン・オブ・デップ)のツイッター情報が載っていて、、パソコンがポンコツでツイッターが貼付け出来なくて汚いですが、、

0319 twitter1

“Johnny Depp is here”
So I get here and i'm blocked out! Uuugh but I got a button! And a security guard friend said that Johnny depp is here!

「それで私はここまで来ました、でも私は遮られます!でもボタンをもらいましたよ!それで、友達の警備員はジョニー・デップがここにいる、、と言いました!」


っていうのもあるんで、期待して待っちゃったんですけどね。残念です!

上にも書いてあるボタンってこれみたいです。良いですね〜〜
0319 pirates botton

こういうキャプテン・ジャック・スパロウさんはいますけれどね。
0318 Captain Jack3 0319 captain jack 5


写真探していてヒットした面白マンガ。

0319 Yaoi

Yaoi 、、ってボーイズラブ(日本のコミックから発生した言葉のよう)のことらしい。

ファンタビの続編もジョニー演じるゲラート・グリンデルバルドと、誰が演じるかは未定の若き日のアルバス・ダンブルドアの友情が描かれて、2人は恋人だった、、という事なのですが、あんまりその部分の興味だけで語られるのはイヤですね。

2年前(205年7月)のポール・ベタニー&ジェニファー・コネリー夫妻とジョニー良い写真ですね。

0319 Johnny Paul2 0319 Johnny Paul

ポールのお子さんがジョニーの髪を切っている可愛い写真も(エレンのショーにジョニーが出演した時流れたもの)

0305 Mortdecai2 0305 Mortdecai3 0305 Mortdecai4 0305 Mortdecai6 0305 Mortdecai7





パイレーツ日米公開日が2017.05.26に、2017年主要映画公開日

Posted by リラン on 23.2016 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
今週出たニュースです。『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッドメン・テル・ノー・テイルズ』の公開日が変更になりました。全米公開が7月7日から5月26日に日本の公開が8月から同日5月26日それぞれ早くなりました。

これは、他にも色々と理由があるでしょうが、1番の理由は同じディズニー製作の2015年12月に公開になって大ヒット中の『スターウォーズ』新シリーズの続編が、当初に5月26日に設定されていた公開日(続編はこれから撮影)を大ヒットを受けて(製作や宣伝に時間をかけるため)新シリーズ1作目と同じ12月(15日)に公開日変更になったことによります。

スターウォーズの当初の公開日5月26日にパイレーツがシフトしたという事です。アメリカではメモリアルデー(戦没者追悼記念日)の祝日が今年は5月30日、それを見込んでスケジュール、映画を公開するには良い時期です。5月26日という公開日が7月7日より良いのか悪いのか??良く分かりませんが、、日本ではどちらでも余り関係ないかな?

それを知ってか分りませんが、ソニー・ピクチャーズでも2つの映画の公開日変更のアナウンスがありました。スパイダーマンの新シリーズが6月28日から7月7日に、ジュマンジのリメイク版が12月25日から7月28日に変更になりました。スタジオ間のいろいろな計算が見えるようですね。


IMDbに『2017年公開のもっとも人気のある映画』(検索数の多いランキングだと思いますが)が掲載されていて、パイレーツは2位に入っていますよ。 

1. スターウォーズ:エピソード8(12/15 全米公開)
2. パイレーツ・オブ・カリビアン5 (05/26)
3. エイリアン: Covenant (10/06)
4. フィフティ・シェーズ・ダーカー(2/10)
5. ワイルド・スピード8 (4/12)
6. ダンケルク(7/21)
  ※クリストファー・ノーラン監督で2015年IMDb検索数第1位トム・ハーディ主演作
7. ワンダー・ウーマン(6/23)
8. 美女と野獣(4/22)エマ・ワトソン主演
9. ガンビット(未定)XーMEN のスピンオフ
10. アバター2 (12月)
11. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2(5/ 5)
12. マイティー・ソー2 (11/3)
13. ジャスティス・リーグ part 1 (11/17)
14. トリプルX :The Return of Xander Cage(未定)
15. メーズランナー3(2/17)
16. トランスフォーマー5 (6月)


その他、20位にキングコング・リメイク、25位にスパイダーマン、39位に猿の惑星新作が入っています。

凄いラインアップですね〜2017年の興行成績争いは凄い事になりそうです。アバター対スターウォーズ?DCコミック対マーベル・コミック、、パイレーツがどのくらい活躍してくれるでしょうか。

写真なくて寂しいので作りました。
0123 Captain Jack2

ヨアヒム・ローニング監督は公開日変更をどう見ているでしょうか?インスタにはこんな写真がアップされています。

PIRATES OF THE CARIBBEAN: Dead Men Tell No Tales has a new release date! #pirates5 #052617 #memorialdayweekend #savethedate

Joachim Rønningさん(@joachimronning)が投稿した写真 -







キャプテン・ジャックと会ったアボリジニの方々

Posted by リラン on 27.2015 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
オーストラリアの先住民族アボリジニのアーティスト、Cristine Slabb さんのfacebook にアップされた写真です。日付けが25日か26日だと思います。

You never know what life brings you, like meeting & hanging out with Johnny Depp... 'get creative'

Posted by Christine Slabb Designs on 2015年6月27日


Christine さんは右から2人目の女性です、ゴールド・コーストを拠点に世界で活躍しているアーティストらしい。ジョニーが持っているのは、たぶん、アボリジニ金管楽器(木製でも金管)ディジュリドゥと呼ばれるモノだと思います。ジョニーはプレゼントされたのでしょうか?

24日のファン・ミーティングの様子です。800人集まったって書いてありますね〜それを3時間かけて握手したり写真撮ったり、、ジョニーお疲れさま





FC2 Blog Ranking


ジョニー&アンバーがLAに到着

Posted by リラン on 26.2015 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
5月26日、オーストラリアを発ってロサンゼルスに到着したジョニーとアンバーの写真が出ました。コチラからです(なんか、見張られているみたいで可哀想ですね〜)

0526 Johnny in LA 0526 Johnny in LA2 0526 Amber in LA 0526 Johnny Amber 0526 Johnny Amber2

ジョニーとアンバーが “ワオ〜” みたいな表情をしているのは、先に戻っていたピストルとブーが迎えに来ていたから、、って事ですよ?本当かな?


FC2 Blog Ranking


2010年パイレーツ4の撮影地グリニッジでのジョニー

Posted by リラン on 26.2015 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
Zoneさんから面白ビデオです。タイトルは『Birthday Slap(ひっぱたく)for Johnny Depp』と言って、パイレーツのコスプレ好きの方々が集まっています。主役はスカーレットとジゼルで、おなじみのジャックを2人でひっぱたく、、のをやっています。内容はジョニーの誕生日を祝い、インスピレーションを与えてくれた感謝を歌っているようです。



映画の中の(ご本家)ジゼル&スカーレットです。

0526 ScarlettGiselle

ビデオの背景となっているのは、パイレーツ:生命の泉の撮影地となった、ロンドンのグリニッジ、旧王立海軍大学です。スカーレット&ジゼルさん達(オランダの方々)の facebook はコチラ

その旧王立海軍大学(Old Royal Naval College Greenwich)のFacebook に “生命の泉” 撮影中に撮られた写真がありました。私は初見です(だと、、思う)。

0526 Greenwich 2010

左の男性は施設のマネージャーだと言う事です。

Johnnytim.com さんのギャラリーにあった下の写真(グリニッジでファンの方々と交流)は2010年10月6日になっています。服装がほぼ同じだから、同じ頃だと思います。

0526 greenwich, 20101006



FC2 Blog Ranking


ジャック・スパロウのそっくりさんをモデルにした写真

Posted by リラン on 03.2015 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
Johnnydepp.ru さんのfacebook で紹介されていた写真です。

0503 Captain Jack

ウミガメに乗って逃げるジャック・スパロウ、、というイメージのようです。絵かな?と、思ったのですが、テリー・クーパーというイギリスのCardiff で活動する、キャプテン・ジャックのソックリさんをモデルに撮ったパイレーツ・オブ・カリビアン・イメージの写真でした。写真を撮った Antti Karppinen さんは、パイレーツ・オブ・カリビアンのことなら何でも好き、特にポスターが大好きだという事で、モデルになったテリーさんが、コミコンでジャック・スパロウとしてインタビューを受けているのを見て、写真を撮りたいと思った、、という事です。

0503 Captain Jack4 0503 Captain Jack3


FC2 Blog Ranking


パイレーツ4に日本人の技術部門スタッフが参加していた

Posted by リラン on 29.2015 パイレーツ・オブ・カリビアン 0 comments 0 trackback
Johnnytim.comさんに紹介されていた写真です。

0329 POTC4

この写真は片桐裕司さんという特殊メイクアップ・アーティスト(造形アーティストと言った方が良いかも)の方の facebook にあったもので、片桐さんはパイレーツ・オブ・カリビアン:生命の泉に出て来た人魚の死体を作った方でした。コチラのIMDb にはスペシャル・エフェクト部門にクレジットされていました。

パイレーツの他にはパシフィック・リムやハンガーゲームでもお仕事されているそうです。ハリウッドでも日本人活躍しているんですね。


FC2 Blog Ranking


 HOME