FC2ブログ

『ファンタビ』第3弾は2021年11月12日全米公開とワーナーが発表

Posted by リラン on 01.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
『ファンタスティック・ビースト』第3弾の全米公開日が、2021年11月12日に決定したと、11月29日ワーナー・ブラザースから発表がありました。 加えて撮影は2020年4月から行われるという事です。

もともと第3弾は2020年に公開されるものとみられていたが、ワーナーの社長であるトビー・エメリックは「われわれは皆、この公開日がフィルムメイカーたちに彼らの芸術性を真に発揮できる時間を与え、ファンに最高の映画を届けることになると信じています」と今回の延期について語っている。

 ハリー・ポッター魔法ワールドの生みの親であるJ・K・ローリングは『ファンタビ』は5部作を想定していると明かしていたが、世界配給とホーム・エンターテインメントのトップであるロン・サンダースも今回これを認めた。「全5部作の第3部となる本作を、2021年11月に世界の観客にお届けすることを楽しみにしています」と宣言している。
コチラ から

当初は2020年公開で、撮影は2019年春から、、が撮影は2019年晩秋からに変更になって、、その時点で2020年公開は難しいと思われたのですが、今回はたっぷり時間をとって2020年4月撮影開始で2021年11月公開となりました、当初の計画より1年遅れって事ですね。

事情は製作会社のワーナー・ブラザースが抱える他の映画との関係もあるようですが、マイナスの要因としては、第2作目が興行成績、批評面双方で第1作目を超えられなかったというのがあると思います。と、いう事はグリンデルバルド役はジョニーで良いのか、、という問題がクリアにならなかった、、って事でもあって、来年4月の撮影開始までハラハラは続きます。(Forbes の記事、、途中まで訳してあんまり関係なさそうだから止めちゃった、、にもハムレットの台詞をもじって “To Depp or not to Depp? That is the question! ” っていうのがありました) 

フォーブスの記事は、ワーナーは公開時を誤って失敗した”ジャスティス・リーグ”の過ちを繰り返さないため、作戦を練り直して公開すると、いうものでした。 

ファンタビ3が公開される2021年には、ヒット作の続編が並んでいて、6月25日に“バットマン”、8月6日“スーサイド・スクワット2”、11月12日が“ファンタビ3”、12月22日“シャーロック・ホームズ3” と、ヒットが続く良い雰囲気の中で公開したい、、バット・マンは誰がバットマンを演るか決まっていないので不安はありますが。シャーロック3も2020年12月25日からの公開日変更なので色々並び替えているような気がします。

ちなみに“ファンタビ”が公開予定だった2020年11月には、ティモシー・シャラメ君が主役を務めるSF超大作“DUNE” が公開される事になっています。この映画も1984年のデビット・リンチ版のリメイクなんですが前作は大失敗作と評価が残っているんですよね、大作作るのって大変ですねー、当たれば大きいけど。

エズラ・ミラー君も苦労しているようで、“ジャスティス・リーグ”の一員の“フラッシュ”の単独映画が出来る、、ってかなり前から話が出て企画がなかなか進まないようです。今は自分で脚本を書き始めたとか、、記事はコチラ


白いまつ毛の美しいグリンデルバルドです

0501 Grindelwald 1 0501 Grindelwald 2



あ!令がズレてる 今年、、じゃなくて令和になってもヨロシク!



スポンサーサイト



ファンタビ:黒い魔法使いの誕生、DVDは明日発売♪

Posted by リラン on 23.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
いつ果てるともわからないジョニーとハードの裁判沙汰に疲れて更新が少し滞ってしまいました。風邪が長引いて元気が無かった、、ってこともあったのですけどね。テレビでもやったから、ビデオを見た方も多いと思いますが、ハードが場外乱闘(裁判所の外で)してるじゃないですか、ビデオや証拠にもならない写真!を出して。『お酒や薬の影響下にあると人が変わるし、やった事を覚えていない事がある』 なんて言われると、ハードを知らないでジョニーに特に好意を持っていない人は、、そうなのか、、って思っちゃうでしょうね。 ジョニー側が起こした訴訟だから(“The SUN”の問題もあって) 成算はあるのでしょうけど、長引かせるのは本当に危険だと思うな。 今現在の状態の公平な日本語の記事が コチラ にあります。


『ファンタビ:黒い魔法使いの誕生』のDVDが、いよいよ明日4月24日発売です。まだまだ、と思って予約するのを忘れていて慌てて今予約しました。 悩んだ挙句 Blu-ray のエクステンデッド版にしました、楽しみ♪♪





リリーちゃんが出演する映画 『DREAMLAND』 の監督のインスタからアーミーとリリーちゃんの写真が出て来ました。



リリーちゃんへのメッセージなんですね。『エミーを演じたリリーローズ・デップ、このような自然で力強いキャラクターを創造してくれてありがとう!』

リリちゃんは違法薬物の密売人アーミーの“トラブルを抱えているけれど素晴らしい妹” という役柄。この写真が映画のメイクならエミーも薬物中毒なのかな?アーミーは悪い人に見えません。

“アバター”のサム・ワシントンとか、かなり魅力的な人たちがキャストに加わっています。


向かって左はキッド・カディーと言うラッパーです。真ん中がゲーリー・オールドマンで右端が監督のニコラス・ジャレッキー。

View this post on Instagram

Ben Walker emerges @kidcudi #dreamland_mtl

Nicholas Jareckiさん(@njarecki)がシェアした投稿 -




この女性はトニ・ガーンでドイツ出身のモデルで、モデル好きのディカプリオの元カノの1人、、なのだとか。

View this post on Instagram

Welcome to Northlight - thanks Toni for joining us. @tonigarrn @moalturki

Nicholas Jareckiさん(@njarecki)がシェアした投稿 -



3月19日に撮られたセットでの2人です。

0423 dreamland set 2

0423 dreamland set 3

0423 Lily Armie 2






ファンタビ、グリンデルバルドのメイク&ヘアスタイリストさんとジョニー

Posted by リラン on 02.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
ジョニーのメイキャップは今回も Ken Niederbaumer さんですが、そのKen さん(メイク担当)とヘアスタイリストの Gloria Pasqua Casny さん(2人ともジョエル・ハーロウさんと、以前からジョニー関係の仕事をしていました)がグリンデルバルドを作り上げている写真が出て来ました。後ろ姿だけど素敵なジョニー 、また気になるTシャツ着ています。


0302 Grindelwald makeup

これは昨日アップした写真ですね。

0302 Grindelwald makeup 2


ジョニーのメイク関係のスタッフは (IMDbによると) この2人に加えて、
Victoria Warrington がコンタクトレンズ
Khanh Trance がスペシャル・メイクアップ効果、ヘア・ウィッグ制作

とありました。


0302 Grindelwald 4a 0302 Grindelwald 4b

上の写真は コチラ からなのですが、昨日アップした写真の本編の映像がありましたよ。

0301 Grindelwald 3



このシーンは、チュパカブラ(名前はアントニオ?)を可愛がっているそぶりを見せておきながら、次の瞬間窓からほっぽり投げる、、という酷い行為をする、、グリンデルバルドの残虐性を表しているのかな??と、思って見ましたが、上のコメントに 「ニュート・スキャマンダーに対する憎しみ(嫉妬心)から、ニュートが愛する魔法動物に非道な行為をした」 んだと、書いてあります。深読み?







ファンタビ、セットで話すJK ローリングとグリンデルバルドのジョニー

Posted by リラン on 01.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
アメリカでは3月12日にDVDが発売になる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、デジタル版が発売になったからなのか、メイキングの画像がチラホラと出て来ています。出所は不明ですが、セットを訪問したJ. K.. ローリングさんとグリンデルバルドに扮したジョニーの写真が出て来ました。

0301 JK Rolling

このシーンの撮影の時かな?

0301 Grindelwald 7 0301 Grindelwald 8 0301 Grindelwald 9 0301 Grindelwald 10

グリンデルバルドが手に持っている緑色のはチュパカブラでしょうか?

0301 Grindelwald 3 0301 Chupacabra1





ファンタビのDVD、ブルーレイは4/24発売、映像特典の内容など

Posted by リラン on 12.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
ファンタビのDVD、ブルーレイの発売日が4月24日に決まりました。どれを買ったら良いのやら分からないので纏めてみました。今回のポイントは通常版は劇場上映時間の134分、それより7分長い『エクステンデッド版』というのがある事ですね。一番高い『プレミアム・エディション』には日本限定でボーナス・ディスクが付いて3枚組みになります。一番下にその内容も書きましたが、ジョニー関係では“ロンドン・プレミア”の映像が入っているようです。。ん〜〜ん、、悩む!!





【DVD】
0211 DVD

希望小売価格 ¥2,990 (税込 ¥ 3,229)
本編  134分
DVD映像特典 約5分



【ブルーレイ&DVDセット】
0210 Bluray_DVD

希望小売価格 ¥3,990 (税込 ¥ 4,315)
本編  134分
ブルーレイ映像特典  約100分
初回仕様  日本限定メイキングブックレット(20P)付き 



【『エクステンデッド版』ブルーレイセット】
0211 extended edition bluray

希望小売価格 ¥3,990 (税込 ¥ 4,315)
劇場版本編  134分
エクステンデッド版本編 141分
ブルーレイ映像特典  約100分
初回仕様  日本限定メイキングブックレット(20P)付き 



【3D&2D 『エクステンデッド版』ブルーレイセット】
0211 Bluray 3d2d

希望小売価格 ¥6,990 (税込 ¥ 7,549)
劇場版本編  134分
エクステンデッド版本編 141分
ブルーレイ映像特典  約100分

初回仕様  “MINALIMA”豪華ブックレット(68P)付き 


【『エクステンデッド版』ブルーレイプレミアム・エディション】
0211 premium edition

希望小売価格 ¥9,990 (税込 ¥ 10,789)
劇場版本編  134分
エクステンデッド版本編 141分
ブルーレイ映像特典  約100分 + 日本限定映像特典(分数未定)

初回仕様 : 日本限定メイキングブック (20P)、 “MINALIMA”豪華ブックレット(68P)、 日本限定ボーナス・ディスク、日本限定グリンデルバルドのペンダント、 キャラクター・カードセット (10枚組)


日本限定ボーナス・ディスクの内容は、、
・ジャパン・プレミア ・スペシャルファンナイト ・ロンドン・プレミア
・キャストインタビュー集(エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、キャサリン・ウォーターストン、
アリソン・スドル、ダン・フォグラー、クローディア・キム)など


ブルーレイ映像特典の内容は、、一部US版を参照
・J.K.ローリングの魔法(10 分)
・大好き、魔法ワールド(19 分)
・ダンブルドア登場(9 分)

・製作秘話(50 分)
  ホグワーツへの帰還
  ニュートの動物たち
  クリーデンス、ナギニ、そしてサーカス
  パリと隠れ家
  フランス魔法省
  グリンデルバルドの闘争と炎の円形劇場

・未公開シーン(15 分)
  クリーデンスの復活
  ドックにて
  ニュートの秘密基地
  歩きながら話そう
  舞踏会
  ティナとスケンダー
  ざわめき
  ニュートとジェイコブ、カーマの元へ
  路地にて、ナギニとクリーデンス
  ダンブルドアとマクゴナガル



その他詳細、購入先は コチラ の公式HPから、、Amazon ではトランク型パスカード入れがつくようです、他にも独自の特典があるかも。ペンダント、、やっぱり欲しいかな〜今回グッズ何も買わなかったからな〜






ファンタビ3作目の撮影開始が予定の夏より秋にシフト

Posted by リラン on 21.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
1月18日(金)、ワーナー・ブラザースから正式に発表があった話のようですが、2019年に撮影が始まる『ファンタスティック・ビースト』3作目、当初の予定7月から、秋にズレ込むんだそうです。秋って?晩秋ってことなので11月くらい?

俳優達にはすでに伝えられているとのことで、3作目の公開日は、まだ2020年としか発表されていなかったのですが、1作目が2016年11月18日、2作目が2018日11月16日だったので、3作目も2020年11月中だと思われていたが、公開日も変更の可能性が出て来ました。

撮影にかかる日程はどのくらいかというと、“黒い魔法使いの誕生”は、ジョニーの年表をみると、2017年7月3日にクランクインして、2017年12月20日にクランクアップした、、5ヶ月以上かかっているんですね。2019年の10月に始まってもそんなにかかるのでは2020年中の公開は難しい?オスカー関係の賞にも影響が出ますね。


原因については、発表されていませんが、同じ“ワーナブラザース”の“DCコミックのフラッシュ映画”が関係していると噂されています。

そもそも。エズラ・ミラー主演の“フラッシュ単独映画” の撮影開始の遅れが報道されていて、それの原因が“ファンタビ”撮影終了後でなければエズラが撮影に参加できないから、、だというんですよね。同じワーナーの映画なのに、そんなのはじめから分かっていただろう、、って思いますけどね。何なんでしょうね?理由を教えて欲しいですよね、ローリングさんの脚本に手直しが出たとか?

0120 DVD 2 0120 DVD 3






ファンタビ、去年の暮れに出たグリンデルバルド一味の勢揃い写真

Posted by リラン on 25.2018 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
あの“リド”でジョニーと写真を撮ったアナスタシアさんが動画をアップしました。キャプテン・ジャックの声音で「Why is the Rum Gone?」と言っています。



美人は良いわね! プンプン!あの変なポーズの写真は“靴”の見せっこをしているのかも、同じメーカーなのかも。

1224 Boots 2 1224 Boots

ジョニーの靴は“A.S. 98”というイタリアのブランドのようです、インスタにはジョニーの写真がたくさんありますよ。

1225 Ross Halfin shoes


派手な話題が続いて出しそびれていた話題です。去年の今頃“デビッド・サクライ”さんのSNSからジョニーとの写真が出て来たのですが、その時はたくさんの人がいるな、、くらいにしかわからなかったのですが、その中にいた1人“アンディ・ターナー”さんが、最近になって同じ時に撮った写真をSNSにアップして、そこにいたのは、グリンデルバルドの仲間達だったという事がわかりました。

去年出た写真、、残念ながら小さなサイズの写真しかないのですが、

1222 Johnny David sakurai



下の写真、左から、アンディ・ターナー(役名はマックダフ)、クラウディアス・ピータース (役名:ナーゲル)、デビッド・サクライ(役名:クロール Krail)、サイモン・ミーコック(役名:クラフト)、ケヴィン・ガスリー(役名:アバーナシー Abarnathy)、、そして上の写真にはヴィンダ
・ロジェール役のRoppy Corby-Tuech さんがいますね。

グリンデルバルトの仲間でも大きな役は、ポスターにもある三人

1223 Grindelwalds Gang 2

左から、グリムソン Grimmson 役の Ingvar Eggert Sigurðsson 、グリムソンはテセウス・スキャマンダーのいるイギリスの魔法省にスパイとして入り込んでいるようでした。魔法省の嫌われ者のようでしたが、そこら辺の事情は説明されず。

1223 Grimmson

ロジェール役の Roppy Corby-Tuech とクイニー役のアリソン・スドル、、クイニーがグリンデルバルド側に付く心理的要因がイマイチ分からないな、簡単に付いたから簡単に離れそう。

1225 Rosier Quinee

アバーナシー役のケヴィン・ガスリー。このキャラクターは米国魔法議会(MACUSA)にいた人(クイニーが好きみたい)ですよね、グリンデルバルドが囚われていた間に味方につけたんでしょうか。。

そういえば、、グリンデルバルドは(前作で)コリン・ファレル演じるグレイブスに乗り移っていたんですよね、本物のグレイブスはどうなっちゃたんでしょうね。

1223 Abernathy

他の方はあまり写真がありませんが、クロールとグリンデルバルド。。クロールも残念な終わり方でした。グリンデルバルドを信じきれなかったって事なんでしょうか。

1223 Grindelwald 4

クラフット(Krafft)とクロール、最後尾はグリムソン。

1223 Krafft Krail1

他には マックダフはこんな人。パリでグリンデルバルドの隠れ家を探している時のメンバー見たい。

1223 MacDuff1

クラフット役のサイモン・ミーコックさんはパイレーツのデッドマンズ・チェストにも出ていました、デイビー・ジョーンズに襲われた船の司祭をやっていたようです。


1225 christmas 2





ファンタビ関連本“魔法のアーカイブ”は豪華な写真集

Posted by リラン on 05.2018 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
今日出て来た新しい写真、、Johnnydepp.ruさんからです。

シェーン・マクゴワンさんの結婚式で、一緒に写っている方は、音楽を担当したバンド、“Cronin”のジョニー・クローニンさんだと思います。

1205 Johnny Cronin 1205 Cronin


昨日、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』2回目観て来ました。色々疑問の数々がありますが、それについてはまたの機会に、、結局 J.K. ローリングさんの頭の中にしか答えのない疑問ですけどね。

帰りに本屋さんに寄って、気になっていた本を見て来ました。関連本はたくさん出ているのですけど、“ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 魔法のアーカイブ” が、まだ見ていない画像がありそうで一番見たかった本です。本屋さんにもこれしか置いてなかったので他は見れなかったのですが。他は2冊出ています。。発売元は“ハーパー・コリンズ”昔、ジョニーがここと提携して出版ブランドを持っていましたね。

1205 book 1

Amazon のサイトにちょっとだけ中身せあります、、グリンデルバルはないけど。。

よく出来ています、美しいし、内容も多くてポップアップ絵本がギュ!と詰まった感じで。だから仕方ないけど、、ちょっとお値段が張る、、¥4,320 なり。 こっそり、写真撮って来ちゃったんですけど、、お金に余裕が出来たら書います。“ホグワーツ魔法学校”のポップアップ絵本も欲しいしなー。。

1205 Grindelwald 2 1205 Grindelwald 1 1205 photobook

目次はこうなっています。

はじめに:映画製作という名の魔法
光と闇の陰影
1 グリンデルバルドの世界
2 ロンドン
3 ニュート・スキャマンダーの世界
4 パリ
5 再びホグワーツへ
6 フィナーレ


日本のタイトル『黒い魔法使いの誕生』は、原題の『グリンデルバルドの犯罪』より内容にあっている気がしますね。黒い魔法使い、、ってのが変だけど。

海外の映画のサイトには、『post-credits scene』っていうらしいのだけど、エンド・ロールが終わった後に次回作へ繋がるシーンをちょっと見せる、、ってのがこの映画にはない、、ってのが話題になっていました。シリーズものにはよくありますね、パイレーツなんか毎回ありました。ハリポタ・シリーズにも無かったから、スタイルを統一しているのかも。

でもファンタビは、ラストに予想もつかない爆弾級の展開を持ってくる、、というのは一作目から共通してありました。3作目もあるのかな?


ガチャ、、また出ませんでした。出るまでやるべき?今度のはティナの杖でした。

1205 Wands






今日は日曜日ファンタビ日和ですね♪

Posted by リラン on 25.2018 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
あいかわらずタイトルが思いつかず変なタイトルになっちゃったヽ( ´_`)丿 Johnnydepp.ruさんにあったスティール、、こんなシーンあったけかな?

1125 Grindelwald Queenie

クイニーはああなっちゃうのよね〜、で、結局あの人はあの人を倒すための道具だったと、、で、結局あの人は誰の子??ファンタビは大ヒットしていて今週末の興業ランキングでは1位を取るのは間違いない、、けど、“ボヘミアン・ラプソディ”の人気が気になりますね、ワイドショーなどでも取り上げられているから、来週あたり気を抜くと首位を奪還されるかもしれません。


エディ・レッドメインが11月21日にジェームス・コーデン(イントゥー・ザ・ウッズ) 司会の“Late Late Show” にファンタビのプロモートで出演しました。動画観たらちょっと面白いのでご紹介です。

ジェームス・コーデンが魔法使いのテストを受けるため試験場に、検査官として登場のエディ。でも、ジェームス・コーデンは魔法と手品を混同しているみたいです。




鷹の爪団のツイッターから、、



11月17日(16日かも)にジョニーと会えた幸運な方。@ hein20100 アカウントのインスタグラムらしいけど見当たらずです。

1125 johnny in london

この時と一緒ですよね。

1118 Kai Mayfair 5


ウェイティング・フォー・バーバリアンズのセットからジョニーと同じ軍服を着るロバート・パティンソンと他のキャスト




最後です、リリーちゃんの映画『A Faithful Man』の新しいトレーラーです、しかめた顔のリリーちゃん、バネッサにそっくり!声もやっぱり似ているかも!



1125 Lily 1 1125 Lily 2





ファンタビと黒い魔法使いの誕生、公開初日の映画館は超満員♪

Posted by リラン on 23.2018 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 初日3D IMAXで観て来ました。グリンデルバルドが画面から飛び出てくるような、グリンデルバルドの世界に飛び込めるような、、臨場感というかすごく近かったです。まだ、興奮が覚めやらず、、なのですが、とにかく面白かったですよ、ちょっと暗すぎる内容になったんじゃないかと心配していたのですが、ちゃんとユーモアもあるし、可愛い魔法動物のシーンも沢山あってメリハリは効いていたと思います。

1123 Imax

書きたいことは山ほどあるけど、、口に蓋をするとして、これは前からわかっていたことなので書いて良いと思うけど、今回は“クリーデンス” がキーマンで、彼の素性探しが2作目のテーマになっていると思う。これについては、今年の初めくらいに早々知っている人は知っていたのですが、、最後にすっごいオチが待っています!ビックリした。これは試写会で『秘密は守ってね!』って言うわね。絶対喋ってはいけない!

あの人がああなって、あの人が死んじゃって、本当に死んだの?、、ああ喋りたい!

1123 pamphlet

ガチャも映画館にありました、一回(300円)やって観たら、見事に外れてグリンデルバルドの杖は入っていませんでした、私のは“ニュート”の杖みたい(フツーに考えたら当たり?)

1123 Gacha 1123 Gacha 2


ああ、早くもゲラートが懐かしい!二回目が早く観たい!

1123 grindelwald 1123 grindelwald 3 1123 Grindelwald 2

最後の写真(チュパカブラを掴んでいる)は誰か分からなかったのですけど、グリンデルバルドでしたね。






 HOME