FC2ブログ

interviewマガジン4月号ジョニーとイギーの会話の一部

Posted by リラン on 30.2014 海外雑誌 0 comments 0 trackback
ニューヨーク・デイリー・ニュースのサイトにあった雑誌『interview』のイギー・ポップによるジョニーのインタビューの一部を訳しました。


ジョニー・デップは(電話セールスをしながらの)初めての舞台でのギグを覚えています。

「僕は電話でペンを売っていたんだ」デップはinterview magazine 4月号のために思い出します。

しかし、ギグのBeautyである君はそれらの見知らぬ人に電話して、そして言う「こんにちは!元気ですか」君はこんな風に適当な名前を作る「やあ、僕はカリフォルニアのエドワード・クォーターメインです」

切り捨てたキャリアから、オスカー・ノミニーであるデップはかなり良いパーツを手に入れて、来るSF映画 “トランセンデンス” で治療不能の病に陥った科学者を演じます。

デップ(その役柄の領域はエドワード・シザーハンズからジャック・スパロウ、ウィリー・ウォンカまで及びます)は、彼の仕事の一部は、彼のファンたちを末期的な退屈から切り離し、フレッシュさをキープさせる事だと言います。

「僕はそこに出掛けて来たオーディエンスに対して、その時その時に違う何かを与える義務があると思うんだ」デップは彼のロックン・ロール・アイドルのイギー・ポップ相手に語ります。「僕はカメラの前に行く前でさえ、スタジオを恐がらせるのが好きです」

50歳の俳優は現在、彼のオフタイムの多くをギターと(ミュージシャンのアリス・クーパーとライアン・アダムスと仕事します)過ごすと彼のパンク・ロックのアイコンに話します。

「僕は最近多くの音楽を演奏しました」デップは言います、「それは本当に救命具であり、最初の愛に集中する事が出来ます。自由です」

これだけの年月をエンターテーメント業界に居ても、デップは1つの事を理解出来ないでいます:リアリティ・TV です。

「人々は“ I-don't-know-what,” で有名になります」彼は言いました。「彼らはハリウッドの名士なので、人々はリアリティ・ショーを作ります、そしてそれらはとても成功します」

「それは火を見るようなモノです。あなたはそれから目を離せません」

0330 Bruce Weber2b


FC2 Blog Ranking


 HOME