FC2ブログ

ボブ・ディランの詩を基に作成されるCD製作ドキュメンタリーにジョニー

Posted by リラン on 30.2014 音楽活動 0 comments 0 trackback
ポールのNEWコレクターズ・エディションがまだ届きません〜〜、amazonに入荷するのが11月1日になるんだとか!手元に届くのは11月3〜4日なんですと。。

以前から出ていたニュースで、その内記事に、、と思って忘れていたのですが、ボブ・ディランの未発表の詩に、エルヴィス・コステロやマーカス・マムフォードなどが新たに曲を付けてレコーディングする、、というプロジェクトにジョニーがギターで参加しています。ジョニーはプロデューサーのT-ボーン・バーネットと友人で、このプロジェクトのリハーサルに顔を出していて、ある日来れなくなったエルヴィス・コステロの代わりにギターに参加したということです。
(T−ボーン・バーネットは “ブラック・マス” 監督スコット・クーパーの “クレイジー・ハート” でオスカーの主題歌賞を受賞していますよ)

このCD、日本でも『ロスト・オン・ザ・リヴァー(Lost On The River: The New Basement Tapes)』というタイトルで11月12日に発売されます。ジョニーは『カンザス・シティ』という曲に参加しているようです。

と、ここまでだったらあんまり興味の湧かない話しなのですが(ジョニーが参加しているというだけで、何枚のCDを買った事か!)、このプロジェクトに密着したドキュメンタリー映像が作成されていて、それにジョニーのインタビューが入っているそうです♪

このドキュメンタリーはアメリカのSHOWTIME というTV局から11月21日21:00から放映されるそうです。

と、いうわけで!その番組の予告が出て来ました。インタビューだけではなく、ジョニーのギター演奏も見られます



キャプチャーはJohnnytim.comさんからです。
1030 Lost Song

ジョニーが着ているTシャツはこれですね、同じデザインのモノは見つけられなかったけれど、ヴィンテージものなのかも。

1030 ron Jon

以前、ジョニーとサーフ・ショップの友達の記事を書いた記憶が、、?と、探したら、コチラのスケボー・ショップのお友達でした。。サーフィンもスケボーも(している)ジョニーを連想するのが難しい!!


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



 HOME