FC2ブログ

最新の裁判のニュース、良いのも悪いのも、、あり

Posted by リラン on 29.2019 裁判関係 0 comments 0 trackback
ハードへの名誉毀損の裁判では悪いニュースが入っています。2020年2月3日(から2週間)と、決定していた裁判の期日が、ハード側からの要求を受け入れた形で、2020年8月3日に延期が決まりました。

ジョニーは、ハード側の弁護士の要求に応じた裁判所によって、10月18日に、「これまでのアルコールと薬物に関する医療記録」を作って提出するように命令されていました。その提出期限が11月15日で、提出の遅れという明らかな理由により、ハード側の弁護士が11月25日に、裁判開始の日付の2ヶ月の延期を申し出ていて、今回2020年8月3日、、という新しい日付が決定されました。裁判所は延期の理由を「双方から示される正当な原因に基づいた」ものだと言っています。

ハリウッド・ヴァンパイアーズのツアーに影響が出るのではないか、、と言われていますが、どうなのでしょうか。

1129 document


良いニュース、、
(元々のニュースは、悪いニュースはあまり書きたくないので、このブログでは記事にしていないみたい)、、ジョニーは10月30日に、元マネージャー、ジェイク・ブルームとの裁判で“8桁”の損害賠償で最終的に完全勝利を収めました。その裁判のために2018年“バックリーLLP”という弁護士事務所を雇い、2018年8月にブルームとの1回目の裁判で勝利しました。その後、2018年12月にその弁護士事務所を解雇するのですが、約35万ドルの請求に対し約18万ドルしか支払わず、2019年5月に“バックリーLLP”から残りの支払いを求めて訴訟を起こされました。それが今回(11月27日頃)双方の協議の中で合意に達し、12月には全ての処理が終わるということです。

ハリウッド・ヴァンパイアーズのツアーに影響があるのでは、、と最初に書きましたが、コチラ に書いてある推測では、裁判開始の期日が、ハード側が求めた2ヶ月先より、6ヶ月も先に延ばされたのは、ジョニー側の要望も入っているのではないか、、という事です。

2ヶ月先というと、4月2日でおそらく“ファンタスティック・ビースト”撮影中? ヴァンパイアーズのツアーは8月15日が初日、裁判は(その前に解決しないとして)8月2日から最長2週間と言われていたので、ギリギリ間に合う計算になりますね。

ジョニーが起こした訴訟だから、万が一負けても、、状況は現状維持で名誉回復はならず、、ハードもこの問題をこれ以上公言しない事を約束させられる、、でも、おそらくハード側の弁護費用も請求されて、自分の分と合わせて高額な費用を払わなければならない、、のかな?と思いますね。なんとか良い方向で収まって、気持ちよくツアーに出発して欲しいものです。


今日の締めはちょっと気分を変えて、、先週(かな?)フィギュア・スケートNHK杯の男子フリーで、イスラエルのアレクセイ・ビチェンコという選手が“パイレーツ:ワールド・エンド”の音楽を使っていて嬉しかった、音楽ではワールド・エンドが一番好き。アナウンサーも音楽を聴きながら「これは戦いの場面ですね」なんて言ってて“パイレーツ”好きなのかな?って思っちゃいました。

これは10月のアメリカ大会のものみたい。








スポンサーサイト



 HOME