FC2ブログ

R15指定のコメディ“テッド” が面白い

Posted by リラン on 20.2013 映画鑑賞の記録 0 comments 0 trackback
アメリカのコメディ映画は日本では当たらない、笑いの質が違からか?、、だから余り期待しないで観たのですけどこれが凄く面白かった!劇場の客の入りも最近の洋画では久々に満員に近い入りで大ヒットの良い予感がします。

0119 Ted

アメリカでは去年の夏に公開されて2億ドル超えの大ヒットでした。あまり話題にもなっていなかった映画が大ヒットしたのかと思っていたら、ちゃ〜んとヒットする映画の要素を分かった人が作っていました。ジョニーも最近ゲスト出演(声で)した『ファミリーガイ』の企画、製作、脚本(そしていくつかのキャラクターの声も)のセス・マクファーソンが監督、脚本、製作そしてクマのテッドの声を担当しています。

このセス・マクファーレンさん、おまけの今年のアカデミー賞の司会をやるんだとか!いまノリに乗ってる人が作っている映画だったんですね。そんな関係でアカデミー賞授賞式には『テッド』の主役のマーク・ウォールバーグがテッド(ヌイグルミを?)を連れて出演するという話しがあるとか。

ストーリーは簡単に説明すると、友達のいない少年がクリスマスに貰ったクマのヌイグルミだけが友達で、神様に「テッドとお話しさせて下さい」と頼んだら願いが叶っちゃって、周りは大騒ぎで一躍有名人に。でも、それからも2人の友情の絆は強く何をするにも一緒、、だけど少年が大人になると恋人も出来て、、今までのように自分達だけの世界ではいられなくなる。

R15+だからって言ってもそれほど下品とも感じなかった(大人だから?)し、ちゃんとストーリーもあって、友情を茶化さずにキチンと語っている事、主役ジョン・ベネット役のマーク・ウォールバーグ、恋人のミラ・クニスが大袈裟に成り勝ちなコメディの演技をしていない、、などで気持ちよく観れました。

日本語字幕もかなり苦労したようですが(ガチャピン!なんて言葉が出て来る、、)アメリカの昔のB級映画やテレビ番組を知っていたらもっと笑えたと思いますね。でも、、実名でギャグのネタにされている人もいて悪いけど笑っちゃう!

『ラム・ダイアリー』のジョヴァンニ・リビシが悪い人役で出演、またまた怪演!気持ち悪かったです!

0119 Ted_Movie_Photo_12 0119 TED_movie-photo 0119 Ted_Movie_Photo_08 0119 Ted2

クマの動きは監督の動きをモーション・ピクチャーで作っている、、ので本物が動いているみたい!セリフさえなければととも可愛いのでR15指定が残念ですね〜子供達にも見せたいですね〜〜




FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/1168-a0a7e4f9