FC2ブログ

シャンタラム監督にエミー賞ノミネートの監督が交渉中

Posted by リラン on 10.2013 シャンタラム 0 comments 0 trackback
シャンタラムのちょこっとニュースです。

ジョニーが主演を外れて(華麗なるギャツビーなどの)ジョエル・エジャートンが主演のリン・シャンタラム役を交渉中であると、9月に記事にしましたけれど、今回ハリウッド・リポーターの記事によると、今年のエミー賞で8部門でノミネーションを受けた『トップ・オブ・ザ・レイク』の(共同)監督のガース・デイヴィスが監督のオファーを受けて(初期の)交渉中だという事です。

1010 Shantaram
写真は左から:ジョエル・エジャートン、ジョニー、原作者のグレゴリー・デヴィッド・ロバーツ

まだまだ多くは決まっていなくて、脚本もエリック・ロス(フォレスト・ガンプ、インサイダー、ベンジャミン・バトンなど)が草稿を書いた、、で止まっているようです。プロデューサーにはジョニーのインフィニタムの他に、最近はジョニーとのパートナー・シップが崩れているグラハム・キングのGKフィルムズがまだ残っているようです。



おさらい:シャンタラムは原作者のグレゴリーさんの自伝的なお話で、主人公はリンというオーストラリア人。シャンタラムは親友となるインド人の母親から付けてもらったインド人としての名前(意味は平和を愛する人)。

リンは30歳前後で、麻薬中毒者となった挙げ句銀行強盗をして刑務所に入り、極悪な監守から逃れるために脱獄、国際指名手配者となりインドのムンバイに逃げ込む。そこでそれぞれ自国から逃げて来た西欧人達と交わったり、ある事件があって無一文になりスラム街に受け入れられて、そこで人命救助をしたのがきっかけで(資格などはなく)ボランティアの医者として働くことに。

貧しい人々のための働くリンの噂を聞いたムンバイの暗黒街のボスに愛されて、マフィアの一員としても働くようになる。謎の美女(スイス人?)とのロマンスなどもあり、はめられてムンバイの環境が極悪な刑務所にも入り、、出所させてくれたボスの頼みで戦闘中のアフガニスタンに武器を持ち込むために行き、又々危険な目に会ったり、、まさに波瀾万丈な冒険物語。




ところで、今回の監督候補として名前のあがったガース・デイヴィスさんが、エミー賞の候補になったいうテレビ・シリーズ『トップ・オブ・ザ・レイク』シーズン1、7話がAXN でちょうどやっていました。1回目は終わりましたが、11月21日(木)から再放送をやるようです。観られる環境の方(で興味のある方)はご覧になってはいかだでしょう。面白そう。番組の案内はコチラから。



FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/1741-68cf0791