FC2ブログ

ティム監督次回作“ビッグ・アイズ” 全米公開日は12月25日!

Posted by リラン on 05.2014 Tim Burton 0 comments 0 trackback
ティム・バートン監督が新たにメガホンを撮る『Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children』を調べていて分かったのですが、ティム監督の次回作『ビッグ・アイズ』の全米公開日が今年の12月25日と発表になりました、、なんと!『イントゥー・ザ・ウッズ』と同じ日の公開となりました!ランキングを争うようになるのでしょうか?まあ、ジョニーの主演作じゃ無いから良いけですけどね。ティム監督の映画も応援したいから複雑です。

0504 Timのコピー

ティム監督が新しくメガホンを取る映画の話題です。以前、チラっと記事を読んだ記憶がありますが、『Miss Peregrine's Home for Peculiar Children(ミス・ペレグリンの奇妙な子供達の施設)』というヤング・アダルト小説(一般の小説と児童文学の読者の間の年齢層を対象とした小説)の映画化で、20世紀フォックスから2015年夏の公開が予定されています。8月からロンドンで撮影が開始、、とここまで決っていて出演者が誰も発表されていません。まもなくキャスティング・コールが行なわれて、主役の少年を演じる俳優もオーディションで選ばれるという事です。

原作はアメリカで140万部を売上げる人気の小説、翻訳本(ハヤブサが守る家)も出ています。あらすじは、
子供の僕はベッドの中で聞くおじいちゃんの荒唐無稽な冒険談を聞くのが大好きだった。そのおじいちゃんが何者かに襲われ「島に行け、島を探せ。彼らに何があったかを伝えてくれ」という謎の言葉を残して死んだ。悪夢にうなされるようになった僕は医者の勧めもあり、父と祖父が昔住んでいた小さな島に行く事になった、、』

主要な登場人物は、僕、おじいちゃん、パパ&ママ、ミス・ペレグリン、多くの子供達、、
配役が決まっていない、、となるとジョニー、、をやっぱり考えてしまいますね、パパ役なら出来そうですが、、しばらくはコラボはお休みでしょうか。寂しいですね。

ミス・ペレグリンというタイトルにも出ている重要な役である女性は、おじいちゃんが子供の頃に入っていたウェールズの島にある孤児院の院長、、なんだと思いますが、これには読者の予想としてヘレナさんの名前がやっぱり上がっていますが、どうなるかここも興味深いところです。

下のYouTubeはこの原作本の予告篇だと言う事ですが、そのままバートン監督の映画みたいです。


原作本には多くの古い写真が出て来るようですが、1人しかいないのに池に映るのは2人、、1人立つ少女、足下を見ると浮いている、、ちょっと不思議で不気味な写真の数々、、本も面白そうです。ハードカバーしかまだ出ていないみたいですが。


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/2092-0bd21ff2