FC2ブログ

ヴァネッサ出演の「ジゴロ・イン・ニューヨーク」日本語予告篇

Posted by リラン on 18.2014 ヴァネッサ・パラディ 0 comments 0 trackback
ジョン・タトゥーロ監督で、ヴァネッサとウディ・アレンが共演している「ジゴロ・イン・ニューヨーク」の日本語字幕付き予告篇が出ています。公開は7月、、とだけ決まっています。ミニ・シアター系だと思いますけど、ぜひ観たいです。ヴァネッサ良い役やっています、せつない!



可愛いポスターも解禁
0518 JIgoro

アメリカ版のELLEでこの映画についてのヴァネッサのインタビューをやっていて、ウェブ翻訳でざっと見たところによると、

ヴァネッサはユダヤ人でユダヤ教の聖職者ラビの未亡人という役どころ。ユダヤ教でも特に戒律の厳しいハシディックという宗派で、人々はコミューンを作って暮らしている。予告篇の終わり近くで、ウディ・アレンがハシディーム派(ハシディックのユダヤ人)の男たちに車に乗せられるシーンがありますが、ああいう独特な服装をしています。

ニューヨークに着いた時、ジョン・タトゥーロにそのコミューンに連れて行かれて、とても変わった彼らの生活を見たそうです。また、コミューンを逃れた若い女性に会い話しを聞いた。

“この映画の衣装は、あなたがいつも着ているシャネルとはずいぶん違いますね”
「そうでしょ?まったく魅力的でない、、タートルネックでかつらで、、誘惑的ではありません」

“それにも係わらずあなたはエレガントに見えましたよ”
「それは映画ですから!私は観客やジョン・タトゥーロ演じるキャラクターの心を動かす必要がありますから、少しは調整したと思います。特にコート、素晴しくキレイな特注のカシミアのコート、これは実生活ではあきらかに彼らが身につける物ではありません。でも私達は映画を作っているのです!」

ウディ・アレンとの共演については、ウディから「自分のやり方でやるから気にしないでね」と、言われたので「大丈夫です」と答えたけれど、実際撮影に入るとどこで自分のセリフを言えば良いのか分からず困った、、

ヴァネッサはその美しいコートをもらって手元に置いているそうです。
0518 vanessa-paradis-fading-gigolo

この後、続けてジョン・タトゥーロの監督作に出演したそうですよ、髪を切ったのもその役作りの為だ、、とヴァネッサが(どこかで)説明していました。タトゥーロもそうなんだと思いますけど、ヴァネッサはフレンチ・ロリータと呼ばれる時期があって、今でも世界中にファンは沢山いるようですよ、映画のチラッと見た批評でも「ヴァネッサを観る楽しみがある」とか「思った以上にヴァネッサが良い」と評価も上々、初めてのアメリカ映画出演に成功したように思えます。


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/2116-6be85bbe