FC2ブログ

ジョニーが出演交渉中?奇術師ハリー・フーディーニーの伝記

Posted by リラン on 31.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback

0531 Flower

最近仕事の量が増やされちゃって、夜はパソコンの前に座っても居眠りしちゃう毎日で、更新がなかなか出来ませんでした。おまけに週末に体調くずす事が多くって、今日もダメでした、、でもようやく回復してきたので気になっていた記事を幾つか記録しておきます。

 今週出ていたジョニーが出演交渉中という映画の話しです。Hollywood Reporter や Variety のニュースに出て来た物ですが、日本語の記事も早々出て来たのでコチラを参考に書きます。

  ジョニー・デップが奇術師ハリー・フーディーニー役の新作映画への出演交渉中

0531 houdini 0531 Johnny-Depp

「脱出王」の異名を取る奇術師ハリー・フーディーニの生涯を描く映画『The Secret Life of Houdini: The Making of America's First Superhero』の製作プロジェクトが現在進められている。ジョニー・デップが主役のフーディーニ役を打診され、交渉に入ったとThe Hollywood Reporterが伝えた。

フーディーニは1874年にハンガリーで生まれ、後に米国へ移住。縄抜けをベースとした脱出マジックで一世を風靡し、今もなおその名声は「米国で最も有名な奇術師」として輝きを放っている。『The Secret Life of Houdini: The Making of America's First Superhero』では、フーディーニを単に脱出術の達人として描くだけではなく、オカルト文化にメスを入れた人としての一面を強く打ち出すという。

フーディーニが母親を亡くしたとき、当時米国では霊と交信するというスピリチュアリズムがブームとなっており、一時は彼も最愛の母との交霊が出来るのであれば、と傾倒した。しかし、霊媒師による降霊術はどれもいかさまであることを見抜き、以後は超能力や霊媒術などの調査活動に貢献している。

ウィリアム・カルシュの同名著作を元に、ニュース番組「Today」のシニアプロデューサーを務めていたノア・オッペンハイムが脚本を執筆。『REDリターンズ』のディーン・パリゾットが監督を務める。


ZoneさんにあったDEADLINE の記事によると、その企画は今年の1月にすでにニュースになっていたもので、その時から進展していない企画だと言っています。

1月の時の記事では、ハリー・フーディーニーの伝記にはハリウッドが長い間興味を示していた物で、ソニー・ピクチャーズにもマックス・ランディス(クロニクルの脚本家)脚本の企画があり、ヒュー・ジャックマン主演のブロードウェイ・ミュージカルの企画もあった。サミット(ライオンズゲート)も別のフーディーニー・プロジェクトがあり、ジョニー・デップが興味を示しているというウワサがある、、

と、すでにジョニーの名前が出ています。1月といえばライオンズゲート/サミット製作のMORTDECAI の撮影中ですから、ジョニーに(そういう映画の)出演の打診が行った事は不思議ではありませんね。

本当に1月に出ていた企画が進展してジョニーの出演が決ると良いと思います。
一時は彼も最愛の母との交霊が出来るのであれば、と傾倒した。しかし、霊媒師による降霊術はどれもいかさまであることを見抜き、以後は超能力や霊媒術などの調査活動に貢献している』映画もこの部分を強調して描かれるようですよ、面白そう!


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/2131-a5af8d52