FC2ブログ

元ホワイティの手下で映画のアドバイザーだった人とジョニー

Posted by リラン on 31.2016 ブラック・マス 0 comments 0 trackback
Johnnyfan.comさんにあった記事からです。ブラック・スキャンダルの撮影で、アドバイザーとして協力していた John “Red” Sheaさんという方とジョニーの2ショットです。ジョンさんはホワイティ・バルジャーのウインター・ヒル・ギャング団の一員でした。麻薬取引で12年の刑を務めています(バルジャーを売らなかったから、、と本人は言っているそう)。

Daily Mail から

0131 Shea

こちらは Shea さんの facebook から

0131 John Shea 3

こちらは撮影当時見た覚えがあります。過去記事では Shea さんの事は不明と書いてありました。日付けは 2014年7月20日。
0131 John Shea4


記事によると、John “Red” Shea さんは、バルジャーがFBI の密告者として働いていたのを知って、凄いショックを受けたのだそうです。だから今でもバルジャーの事を憎んでいるから、セットでのジョニーがあまりにバルジャーに似ていたので、ジョニーを殴らないために早々とトレーラーから離れなければならなかった、、と語っているそうです。

Wikipedia によると、John “Red” Shea さんは自分は仲間を売るような司法取引には応じなかった、、というテーマで、Rat Bastards(ねずみ野郎共) という本(他にも著書あり)を書いているけれど、(元の)バルジャーの手下たちからは、元々下っ端だから何も知らなかったんだ、、と相手にされていないそうです。


ジャック・ニコルソンがホワイティ・バルジャーをモデルにしたギャングを演じた(ディカプリオ主演の)ディパーテッドでもアドバイザーをしていたようです。

0131 the Departed
左は刑事役のマーク・ウォールバーグ、右は警察に潜入するニコルソンの手下役のマット・デイモン





スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/2968-14549c9e