FC2ブログ

HUGO 予告篇解禁

Posted by リラン on 17.2011 HUGO 0 comments 0 trackback
『Hugo Cabret』改め『HUGO』の公式ポスターと予告篇も先週発表になりました。



同時にGK Films のHPもやっと更新です。

原作本の“ユゴーの不思議な発明”は以前に取り寄せて持っていたのですが、中身をチラッと見て仕舞い込んでいました。だってこんなにぶ厚い本なんです!

20110716 Hugo1  文庫本と並べてみました。

中身はイラストと写真と文章が混じってる不思議な構造です。この記事に合わせてパラパラ読んだところのあらすじは 

主人公のユゴーはお父さんと2人暮らし。お父さんは時計技師で仕事で行った博物館で壊れたからくり人形を見付ける。ユゴーに話したところ凄く興味を持ってお父さんに直して動かしてと頼む。それからお父さんはからくり人形を分解して掃除して、ノートに詳細に記録を取る。

ところが、ある日博物館で火事が起きてお父さんは死んでしまう。そこでおじさんに引き取られる事に、おじさんは駅の時計の修理が仕事で、駅舎に部屋を持っているが、飲んだくれでユゴーに仕事を任せ戻ってこなくなる。ユゴーはそのまま内緒で時計を修理しながら駅に住み込む事に。

ある日ユゴーは博物館の焼け跡に行き、そこで焼けこげた人形を見付け、駅の部屋に運んで、お父さんの形見のノートを頼りに修理を試みるが、駅にある“おもちゃ屋”で盗みを働いて、店主のおじさんに捕まるがなぜかその人はノートにあったからくり人形に興味を持ち、ノートを盗んだモノと決めつけ取り上げられてしまう。

駅で女の子と仲良くなるが、その子はおもちゃ屋のおじさんが養い親で、2人でノートを取り戻し人形を修理する事に。


ポスターの鍵が文字通り謎を解く鍵となっているようです。

20110712 hugoposter  

中身のイラストはこんな感じです。

20110716 Hugo10 
 20110716 Hugo9 
ジュード・ロウ演じるユゴーのパパ。       
20110716 Hugo7  
20110716 Hugo6  
おもちゃ屋の主人パパ・ジョルジュはユゴーが機械に強いのを気付き、おもちゃ屋の修理を手伝えば
ノートを返すと約束。修理が終わった人形はある方法で動き、仕掛けのある文字を書く。何を?
20110716 HUgo5  20110716 Hugo3  

『HUGO』の全米公開日は2011.11.23です。


FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/311-219c1b33