FC2ブログ

ファンタビ、グリンデルバルトについて知っておくべき事(2)

Posted by リラン on 09.2017 未分類 0 comments 0 trackback
前回に続いてのエンターテイメント・ウィークリーのファンタビ記事の訳です。。が、時間がとれなかったのと、かなりハリー・ポッターの世界の深いところの物語が入ってくるので、ちょっと難しくなって来たので、少ししか訳せませんでした。記事元はコチラ

もう皆さん映画観ましたかぁ〜?私も2回目観に行きたいと思ってなかなか行けないのですが、話しを進めるためには、大きなネタばらしがどうしても必要です。これから観に行くから知りたくない!という方はご注意下さい。


それで、グリンデルバルドはニューヨークで何をしているのか?彼はオブスキュラス(Obscurus)と呼ばれる寄生的な暗黒の魔法の力を探しています。彼はその協力なモノがニューヨークに隠れていると言う思いがあり、その思いがクリーデンスと呼ばれるオドオドした孤児に行き着きます。そしてその孤児が、探しているオブスキュラスを突き止め捕らえる助けになるとグリンデルバルドは信じています。(私の理論:アリアナ・ダンブルドアはオブスキュラスだった、、と言う事は考えられますか?それであると、グリンデルバルドの強迫観念を説明出来ます)

0108 graves_credence

グリンデルバルドはMACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)の恐い保安局長パーシバル・グレイブスとして変装しました。ポリジュース“変身薬”の力でか、それともその他の魔法で外観を変えたのか(ニュートが簡単なレベリオ呪文でグリンデルバルドの化けの皮を剥いだ事からその方がありそうだ)。

正体を暴露されたデップには2つのセリフがありました。1つ目は「私を捕らえておけると思うのか?」MACUSAの監禁が長くは続かない事を裏付けています。2つ目はもうすこし面白いです「ほんの少し、我々は死にますか?」連れ去られる前にニュートに言います。率直に言って、私はウソは言わない、何を意味するのか全くわかりません。友達はそれはHORCRUXES(分霊箱)の何かを暗示しているのではないかと言います。しかし我々は結局はグリンデルバルトの運命を知っているので、そうは思えません。それは彼の崇高な目的がより大きな利益のためである、という彼の思いに注目させるかも知れません。そして、彼の進行を邪魔するニュートやティナのような魔法使いが、本質的に傷付くことになります。


もう上の記事で書かれている通り、コリン・ファレルのアメリカ合衆国魔法議会の役人はグリンデルバルトが(ポリジュースかなにかの呪文で)変身していたわけですね。同じ髪型していたんですよね、ゴージャスなバトンタッチ!だと思います。コリン・ファレルも良かったんですよね。

0109 Grindelwart

大胆なことに、コリン・ファレルが正体を隠している、、というのはポスターでバラされているんですよね。下のポスターの左上からぶら下がっているものは、グリンデルバルトが手に入れて世界を支配しようとしている『死の至宝』を象徴したものです。(ハリポタではルーナのパパがネックレスにして持っていた。)

0109 Percival Graves

家に誰かが買った“SCREEN” があって、ファンタビを短く解説した物がありました。

0109 screen4 0109 screen3

0109 screen3b

嬉しくないオマケ、、『2016 お騒がせニュース』と題した記事で、トンでもない間違えを!私もそうだったけど、日本では慰謝料、、と書くと払った人間が悪い事をした、、風にとられちゃうんですね〜。“財産分与” なんですけどね。

0109 screen2






スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/3333-6227530c