FC2ブログ

プラトーン30ドキュメンタリーのサイトに帰国時の寄せ書き

Posted by リラン on 26.2017 プラトーン30 0 comments 0 trackback
Johnnydepp.ru さんにあった最初なんだか分からなかった画像です。

1126 Platoon

プラトーン関係らしいので 『Platoon 30 ドキュメンタリー』 のfacebook 見てみると、「As characters were killed, the actors went home. But we all wanted to take a piece of the guys home with us.」 とあって、『キャラクターたちは殺されて、俳優達は家に帰った。でも僕たちはみんな、その男達のかけらを家に持ち帰りたがった』 と読めます。これは脚本なんでしょうか、それにみんなでサインしあったって事かな、、と。

最初見つからなかったジョニーのサインもありますよ、探して見てね、役名は“LERNER”。

真ん中に大きく書いてあるのは、このドキュメンタリーの監督もしている Paul Sanchez のサインで、“Doc in the NAM” “Story of the Combat Medic” で、何のことかと思ったのですが、NAM はベトナム、ベトナムでのDoc、Docはプラトーンでのサンチェスさんの役名で、衛生兵(Combat Medic) だったということです。

1126 Platoon11

ジョニーが肩車しているのはこの子かしら。泣いてますよ〜〜映画だと思ってもイヤなモノですね。

1126 Platoon10

イヤな気持ちになったところで、上の写真で銃を突きつけている悪いヤツ、トム・ベレンジャーの結婚式で。プラトーンの仲間が集まった所のようです。 左端の紺のスーツはフォレスト・ウィテカー?  トム・ベレンジャー(真ん中の白いタキシード) も別人!

1126 Tom Berenger





スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/3610-f689a096