FC2ブログ

ジョニーの天敵?バーナビー・ジョイス豪副首相のスキャンダル

Posted by リラン on 18.2018 未分類 0 comments 0 trackback
Mail online にジョニーの写真を探しに行ったら、面白い記事を見つけましたよ。 少し前に友達と話題にした話、、オーストラリアの首相が閣僚とその部下との性交渉を禁止した、、と言うのはバーナビー・ジョイスの不倫が原因でした。

その前にジョニーとバーナビー・ジョイスのバトル??の流れをおさらいを。



2015年5月 パイレーツ5撮影のためにオーストラリアに入国したジョニー、その際に一緒に行ったハードの愛犬を検疫も登録もせずに持ち込み、それがバレて当時の農水相バーナビー・ジョイスから犬を殺処分すると脅された。その際、
「たとえそれが生きている中で最もセクシーな男性(Sexiest Man Alive)に2度選ばれた映画スターだとしても、我が国を訪れる人たちに法律を破らせていいわけがない」と、言わなくても良い余計な一言でジョニーを揶揄。

0217 Johnny Barnaby2

2015年9月 ベネチア国際映画祭、ジョニーはこの騒動の質問に 「僕の犬を殺して、食べたよ。なんていうか、オーストラリアの汗っかきで大きな太った男から直接命令されてね」とジョークで答えた。

2016年4月18日 ハードとオーストラリアの裁判所に出向き謝罪ビデオを撮影、動画が公開され、、
「ピストルとブーを無断で持ち込んだことを、心から申し訳なく思います、オーストラリアは独特の植物や動物、住人という宝の山を持つ、素晴らしい島国です」「オーストラリアへ入国する際は、きちんと申告してください」と視聴者へ呼びかけている。

2016年4月19日 謝罪ビデオに対しジョイス農水相は、デップさんがまるで「“ゴッドファ下線文ーザー”のオーディションを受けているみたいだ。この演技ではアカデミー賞は無理だろう」と皮肉った。

2016年5月24日 ジョニーは出演した“ジミー・キンメル・ライブ” で謝罪ビデオの話を振られ「彼(ジョイス)はトマトと同系交配したみたいに見えるんだよね、爆発しないか心配だよ」 と皮肉った。

0217 May 2016 Jimmy Kinmmel

2016年5月25日 ジミーキンメルでのジョニーの発言を受けて、「私は彼のことなど忘れたのに、彼は覚えているみたいだ。私は彼の中でハンニバル・レクター(“羊たちの沈黙”の殺人鬼)のように頭の中に入り込んでいるようだ」 と揶揄する。



実にこまめにジョニーの発言に対して言い返してますね、トランプ大統領と似た体質なのかも。

で、今問題となっているバーナビー・ジョイス、、現在副首相を兼任、、の件は、コチラに詳しい日本語の記事もありますが、 ジョイスが妻と4人の子供がありながら、側近の女性と不倫関係にあって女性を妊娠させた。それが大問題になりそうなのを受けて、首相のマルコム・ターンブルが“閣僚とその部下との性交渉を禁止” と言う驚きの措置を発表した。 と言うものです。

と言うことで、ジョニーがバーナビーを演じるというフェイクの伝記映画の予告が、オーストラリアのテレビのサイトで作られて拡散しています。。結局バーナビーだけでなくジョニーもおちょくられてる感じがしますが、、話題に上るのは良いこと?です。



バーナビー・ジョイス、去年の8月にも こんな 問題を起こしていました。





スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/3688-bd712d69