FC2ブログ

新しい裁判でジョニーがハードに暴力を受けたと主張した

Posted by リラン on 03.2018 裁判関係 0 comments 0 trackback
第二ラウンドが勃発か?と不安にはなるのですが、ここは避けて通れないことなので、PEOPLEの記事を訳して見ました。ハードの告発に対し、ジョニーは固く口を閉じてきたのですが、今回ハードに「2回殴られた」 と裁判所に書類を提出したようです。。と言っても、前の事件を蒸し返そうというモノでなく、現在ジョニーはイギリスのタブロイド「The SUN」に対し名誉毀損の訴えをしていて、それに関する書類で言われているものです。

「The SUN」 は2018年4月27日付のウエブサイトで 「How can J.K. Rowling be ‘genuinely happy’ casting wife-beater Johnny Depp in the new Fantastic Beasts film?」 いう記事を公開し、ジョニーを“wife-beater 女房を殴る男” と侮辱し、ジョニーを擁護してファンタビのキャスティングをした J.K. ローリングさんを非難しました。

ワイフビーターには文字通り以上に酷いイメージがあって、「酔っ払って妻を殴るような下劣な男」 くらいの意味で使われるようです。

新しい裁判の資料の中で、ジョニーデップは、彼らが結婚している間にアンバーハードによって暴行を受けた、そして、デップがハードの顔にiPhoneを投げつけたとされる件について、違う見解を強く主張している。

裁判所の書類は、最近のイギリスでのハードへの暴力に関する名誉毀損事件の告発のため、デップが提出したものを“PEOPLE”が入手した。

裁判所の文書で、デップは、2016年4月21日、当時の妻のハードの30歳のバースデイ・ディナーに彼が2時間遅れで到着した時、ハーぢから暴力を受けたと主張している。文書によると、デップはビジネス・マネージャーや会計士とミーティングがあった、けれども事前にメールでハードに知らせていた。

彼が到着した時、聞くところによる、とハードは彼に冷たく接し、ゲストが帰った後で彼を非難し始めた、、とデップは主張する。

書類でデップは、、酒を飲んでも薬でハイになってもいなかった、、彼がベッドで本を読んでいる時、ハード、、酒を飲んでいた、、が申し立てによると、攻撃的で暴力的になり、彼の顔を2回殴ってきた。申し立てによると、デップは彼女の腕を掴んでパンチを避け、殴るのを止めるように言った。彼は彼女をベッドの方に押し、自分は離れるから追ってこないように言った、とデップは主張した。

このクレームに対し、ハードの弁護士は「それらの申し立ては完全に偽りである」と、PEOPLE に語った。「一つに、デップ氏の心の状態を理解するには最近のローリング・ストーン誌の記事を読む必要があります。デップ氏は現在、“CITY OF LIES” のロケーション・マネージャーへの暴行を含む複数の裁判地で訴えられています。多くの場面でデップ氏がハードさんを虐待しているのが目撃されています」 デップは現在、“CITY OF LIES” のロケーション・マネージャーを殴ったと訴えられており、監督のブラッド・ファーマンは“Page6” に対し“事実が誇張されている” そしてデップは “完全なプロフっしょなるである” と答えている。

デップの裁判の書類には、また、デップにiPhoneを顏にぶつけられたとする2016年5月21日夜の、ハードの訴えについての彼の説明も含まれています。「電話はソファーに投げ、ハードさんからはかなり離れて部屋を横切った、電話はハードさんの顔、その他には当たっていない」書類でデップは言っている。

書類にはまた、ハードに質問した警察官が「怪我やアザは見ていない」、そして何が起きたかと聞いた時、ハードが「何も」 と答えたと断言している。デップは彼の主張をサポートするため警察官2人の調書を提出した。

ハードは2016年5月23日デップに対し離婚を申請し、4日後DVの差し止め申請をした。彼女は証拠として目の下のアザの写真を提出し、5月21日デップが彼女にiPhone を投げつけた「強度の力で私の目と頬をうった」と言った。

彼女の書類では、30歳の誕生日ディナーの夜について、酔っ払って薬でハイになった状態でレストランに到着し、ゲストが帰った後、議論が暴力的になり、「ジョニーは私の髪を掴み、床に激しく押し付けた」 と、陳述している。「ジョニーはまた、大声で叫び私を脅した、立たせて嘲った」

デップは現在、ダン・ウートンが書いた彼を“wife-beater” と呼び非難した記事を掲載した、イギリスの新聞 “The SUN” を名誉毀損で訴えている。

書類によると、デップは20万ポンドに加え、10,528ポンドの裁判費用の支払いを求めている。彼はまた、さらなる潜在的な損害賠償として、新聞が「配偶者虐待」の言いがかりを広めるのを制止する命令を裁判所に求めた。

デップとハードは2011年に出会い、2015年2月プライベート・アイランドで結婚、15ヶ月後にハードにより離婚のための申請がされ、2016年8月和解に達し、2017年1月に正式に離婚した。



Mail Onlineなんかも、ジョニーを非難している分けではなくても、どんな記事にも必ず、記事の最後にはハードの事件をいつまでも書きますよね。そういうのって本当に怖いから、止めさせた方がいいですね。


スティーブン・デュータースさんの奥さんジーナさんのインスタから、最新のジョニーなのかな?後ろ姿も絵になりますね

0803 Johnny

ジーナさんのインスタは閲覧禁止になっていたんですけど、回復したのかな?

bring me that horizon 🌅

GINAさん(@girldeuters)がシェアした投稿 -



ジョニーに早く完全な平穏が訪れますように






スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/3893-51b4ec0e