FC2ブログ

今年のセザール賞にジョニーが行った、、はデマではなかった!

Posted by リラン on 05.2019 映画祭・AWARDS 0 comments 0 trackback
リリーちゃんが候補になっていたセザール賞に、ジョニーが行っていたという証拠写真がありました!ジョニーは“Minamata”撮影中のセルビアから1日だけのために本当にパリに行ったようです。

0227 johnny in Paris

0304 Cesar 2019

今年のセザール賞では各賞の発表の前に、ユーモラスなコントのような一幕があって、ジョニーと一緒に写っている男性は、外国語映画賞(“泥棒家族”が受賞しました♪)の紹介の前に出て来て、“外国人の吹き替え”はこんなんじゃないか、、というコント(?)をやったらしいのですが、人種差別的とヒンシュクを買ったようですよ。写真はコチラから。ジョニーとの写真は Amber L Williams という方のSNSに上がったモノのようですが見付からず、、です。

ウソっぽいと思っていた Gala の 『ジョニーデップは娘のリリー・ローズをサポートするため、お忍びでセザール賞を見ていた』を訳してみます。


彼女の母から30年近くのちに、リリー・ローズ・デップは2月22日セザール賞授賞式のレッド・カーペットを歩きました。若手有望女優の候補で、若い女優は親愛なる心を持つ人からの慎ましいサポートを受けました。

観客や視聴者が会場であるサル・プレイエルで多くのタレントを見る中、世界規模の有名人は舞台裏に隠れました。私たちの情報によると俳優のジョニー・デップは、ルイ・ガレルの長編映画の役によって、“ベスト有望女優賞”にノミネートされた彼の娘リリー・ローズ・デップをサポートするため実際パリへの移動を行いました。

スポットライトより舞台裏の影を好み、観客の注意を引かないか気がかりで、リリーローズの父親は、賞が授与された場所の別館の部屋で夜を過ごしたはずです。Jehnny Beth, Galatéa Bellugi, Ophelia Bau and Kanda Fortas、リリーローズの名前が読み上げられ、セザール賞は“Scheherazade” の主演女優の手に渡りました。彼の娘を支援するとう目的のためだけに来て、若い女優がその夜賞を獲得しないであろうと気が付いた後に、彼はその場を去ったでしょう。



なんかやっぱり憶測ばかりでウソっぽい?けど、ジョニーが人目の付かないところで見ていた、、てのは本当でしょうね。





スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/4193-87ebd3dd