FC2ブログ

ハードに対する名誉毀損訴訟、2020年2月と裁判日程が決定した

Posted by リラン on 29.2019 裁判関係 0 comments 0 trackback
ジョニーのハードに対して起こした名誉毀損の訴訟、6月27日に裁判日が2020年2月3日(から2週間)と、日程が決まりました。28日にはハード側からこの訴訟の却下を州法廷に求める手続きが取られました。

良く分からないけど、分かったところをちょっと纏めてみます。

この訴訟はカリフォルニア州の裁判所ではなく、バージニア州で起こされました。裁判地はジョニー側が決めました。なぜバージニアかというと、ハードが『ワシントン・ポスト』に寄稿した署名入り記事(the op-ed)がジョニーにとって名誉毀損だとしての訴訟なのですが、そのワシントン・ポストの印刷所がバージニアにある、、という事らしいです。


6月28日付け『BLAST』 の記事です


【ジョニーデップとアンバーハードが名誉毀損事件で裁判にかけられる】

アンバーハードに対するジョニーデップの訴訟は、裁判官が裁判日時を設定した後もすぐには収まりません。木曜日(6/27)、バージニア州の裁判所は2020年2月3日に裁判日を設定しました。裁判官は裁判が12日間続くと推定しています。

事件を却下するというハードの申し立てについの公聴会は明日(6/28)予定されています。

The BLAST が最初に報道したように、デップは2018年12月のワシントンポストで、ハードが自身を「家庭内暴力を代弁する人“a public figure representing domestic abuse.”」 と呼んだ昨年の署名記事に対して名誉毀損でハードを訴えました。

名前は挙げられなかったが、デップは記事全体が、「ハードが家庭内暴力の犠牲者であり、デップが彼女に対し家庭内暴力を犯したという前提で成り立っている」 と、主張しました。

デップは、ハードの虐待の申し立ては「2人の別々の対応警察官、多数の中立的な第三者の証人、87の監視カメラのビデオによって決定的に反論された」 と主張している。

デップは名誉毀損で訴えを起こし、5000万ドルを超える損害賠償を求めています。



6月29日付け 『BLAST』 の記事です。

【ジョニーデップのアンバーハードに対する5000万ドルの訴訟は裁判官の休暇が済むのを待っている】

ジョニーデップとアンバーハードは裁判が行われる場所について議論しています。バージニアかカリフォルニアか。そして彼らは裁判官が休暇を取った後に答えを得るでしょう。

両サイドの弁護士は本日(6/28)バージニア州の裁判所で、事件はその州に属さないとするハードの弁護士による事件棄却の申し立てについて議論しました。デップの弁護士は、名誉毀損の主張にある論説はワシントンポストに掲載されており、ポストはバージニアで印刷されている、だから事件はそこにあると主張しました。


双方からヒアリングを行った後、裁判官はすぐに答えは出るだろうと言いました。事件の裁判官が“すぐに”と言ったのは数日から数週間の間になるでしょう、なぜなら裁判官は来週末(おそらく7月4日の休日)に休暇に向かうためです。

裁判官はすでに裁判日を2020年2月3日に設定し、法廷のカレンダーに12日間を予定しているので、デップが要求しているように裁判はバージニアで進行中のように思われます。



IFODさんにあった“ Hollywood Reporter” の シニア編集者 だという方のツイッター、裁判所をどこにするか問題の興味深い投稿です。

「アンバーハードに対するジョニーデップの名誉毀損訴訟で、今日(6/28)の法廷では興味深い議論が行われた。どうやら、バージニアではインターネットの公示に関連する司法権のスタンダードが確立していないようです。」

「そして、ハードの弁護士はワシントン・ポストとのやり取りを“ACLU(アメリカ自由人権協会)”を通じて電子メールで送ったので、事件はカリフォルニア(ハードの所在地)またはニューヨーク(ACLUの所在地)に置くべきだと主張した。どうしてワシントンDCじゃないのか?バージニアはワシントン・ポストが印刷される場所です」

「(デップはおそらく“アンチ・スラップ(anti-Slupp)を回避するために探している)」

+++ スラップは社会的強者が弱者に対して行う損害賠償などの訴えで、費用や時間が掛かり弱者に対する公平を欠く、弱いものいじめのような訴訟、、大企業が週刊誌のジャーナリストに対してとか、、でそれを防止するアンチ・スラップ法というのが定められている+++



不愉快な写真を見せて悪いけど、初めからハードがジョニーを支配していたんですよね、このキス(人前でのキスを何回も見せられましたねぇ)なんか、犬に対するご褒美(good boy〜)、、みたい。サッサと別れれば良かったんですよね、

0629 Kiss 2 0629 Kiss 1







スポンサーサイト



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.blog64.fc2.com/tb.php/4331-dd874768