FC2ブログ

アニメ、ノミオとジュリエット続編にジョニーが出演(声)

Posted by リラン on 07.2015 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
更新が遅くなっちゃいました〜ごめんなさい!

記事もの(訳しモノ)のニュースが沢山出ていて嬉しい悲鳴です。記事が出てきた日付けは前後しますが、興味深い順に、、やって行きます。やっぱり“ブラック・スキャンダル” が各賞レースに絡みそうなので、記事も多くなりますね。

先日のエドガー・ライト監督『Fortunately, the Milk』の映画出演に続いて、待望の映画出演のおはなし第2弾です。今回はアニメ映画なので声の出演という事になりますが、『シャーロック・ノームズ(Sherlock Gnomes)』というタイトルのキャラクターを務めるようです。

1107 Gnomeo Juliet

シャーロック・ノームズ” は2011年の3Dアニメ『ノミオとジュリエット』の続編で、庭に住む妖精(小鬼)ノーム(Gnome)の世界を舞台に、シェークスピアの “ロミオとジュリエット” の男女の恋愛劇を描いたもの。日本では未公開でしたが、監督はシュレック2のケリー・アズベリー、エルトン・ジョンがプロデュースと音楽を、声の出演ノミオとジュリエットにはジェームス・マカヴォイとエミリー・ブラント、マイケル・ケイン、、と豪華な顔ぶれが揃っていました。

1107 Johnny Gnomeo

VARIETYの記事です。
パラマウント・アニメーションとMGMは、“シャーロック・ノームズ” のタイトル・キャラクターの声にジョニー・デップをセットしました。

2011年に全世界で2億ドル稼いだ“ノミオとジュリエット” の声の主役ジェームズ・マカヴォイ(ノミオ)とエミリー・グラント(ジュリエット)もデップに加わるため戻ります。

エルトン・ジョンのロケット・ピクチャーズから、ノミオとジュリエットが事件を解決するために伝説的な刑事シャーロック・ノームズに目を向けるとき、その映画はロンドンの庭園での一連のノーム失踪事件の後で起こります。監督はジョン・スティーブンソン(カンフー・パンダ)で、パラマウント・アニメーションとMGM は2018年1月12日公開を予定しています。

プロデュースには、エルトン・ジョンの他にデヴィッド・ファーニッシュ(エルトンのパートナー)、スティーブ・ハミルトンーショーそしてキャロリン・ソーパーが組み、脚本はベン・Zazove が書きます。

これがデップとパラマウント・アニメーションとの初の仕事ではなく、アカデミー賞(アニメーション映画賞)を獲った“ランゴ” で協力しています。


シャーロック・ノームズが伝説的な刑事、、というところで分りました!シャーロック・ホームズのもじりなんですね〜。パイレーツ5が2017年7月(日本は8月)、これが2018年1月、、ちょうど良い間隔ですね。日本で公開してくれるかな?




ジョニーの映画次回作はエドガー・ライト監督のファンタジーか

Posted by リラン on 25.2015 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
ジョニー待望の映画出演の話題です♪♪

Hollywood reporter からの記事です。

エドガー・ライトとジョニー・デップは、FOXとの初期の交渉に入っているホットな計画である、ニール・ゲイマンの『Fortunately, the Milk』を基にしたお話でチームを組みます。

1025 fortunately, the milk

ライトは、TVシリーズのミュージカルコメディ“Flight of the Conchords” で知られたブリット・マッケンジー(“マペッツ” でオスカー主題歌賞受賞)が脚本を書く、実写とアニメーションの混成からなる映画の監督を務めるでしょう。

デップは主演と、映画件権を入手したアニメーションのプロダクション、“Animal Logic Entertainment(LEGO ムービー)” のZareh Nalbandian と共にプロデュースに加わります。

ゲイマンの児童書は、“タイム・トラベルと朝食のシリアルの物語” と評されます。そのお話しの初めは、お父さんがミルクを買いにお店へ行って、戻る途中で、エイリアンのお話、宇宙タイム・トラベル、海賊その他に出会います。

原作本は2014年9月30日にハーパー・コリンズより出版されてベストセラーとなりました。

プロジェクトのニュースは木曜日(10月22日)に起こり、即座に関心を引きました。

監督として売りに出されたライトの最後の監督作は2013年の“ワールド・エンド:酔っぱらいが世界を救う” で、(2017年公開予定の)アンセル・エルゴート、リリー・ジェームス、ジョン・ハム出演の“Baby Driver” が プリ・プロダクションに入っています。

主演としてのデップは、悪名高いギャング ホワイティ・バルガーとして現在公開中です。彼はディズニーのアリス続編とパイレーツ続編もあり、撮影は終了しています。


作者ニール・ゲイマンの解説付きの原作本のトレーラーがありました。


ニール・ゲイマンさんは、DCコミックのサンドマンの作者として知られ、日本でも翻訳本が沢山出ていました。この『Fortunately, the Milk』の翻訳本はまだ出ていないようですが、近いうちに出てくると思います。映画化になったモノには、“スターダスト” “コララインとボタンの魔女” があって、代表作のサンドマンも2013年の記事でジョセフ・ゴードン=レヴィットが映画化権を取ったようです。

ゲイマンさんは映画&TVの脚本も沢山書いていて、“もののけ姫” の英語吹替え版の脚本も書いているそうですよ。

ちょっと、ジョニーには珍しいタイプの映画になりそうで楽しみです、でも(決ったら)いつからの撮影になるのでしょう?エドガー・ライトはこれから撮る映画があるようだし、、ジョニーはパイレーツ撮影で入れた赤い入れ歯を外さないのは、パイレーツの追加撮影があるかも知れないから、、という事のようだし。

2016年はアリス:スルー・ザ・ルッキング・グラス、2017年にはパイレーツ:デッドメン・テル・ノー・テールズ、、2018年公開くらいの撮影になるのでしょうか?早く撮影しているジョニーを見たいですね!





ジョニーの新しいプロジェクトの話し

Posted by リラン on 16.2015 映画出演のウワサ 4 comments 0 trackback
急な季節の動きに戸惑っています!最近寝汗が凄い、、(目覚めると上半身裸ん坊でいる事が!)と心配していたら、私の部屋は夜になっても28℃あるという事が判明!それでいままで通りの布団掛けて寝てたら汗もかきますよね〜。って昨日からエアコンを堂々と付けて、、布団も薄く、、快適です♪

更新が滞っていました、、(良いニュースもなかったもので)が、、嬉しいニュースが入って来ました。
パイレーツの後の映画出演の話しが出て来ない、、と心配していたのですが、ヒュー・ジャックマン主演で進められて来たプロジェクト『コラテラル・ビューティー(原題) / Collateral Beauty』に、ジョニーがヒューに変わって出演交渉を受けていると、DEADLINEが独占として伝えています。

日本語の記事がシネマトゥデイ他から出ています。

簡単なプロットは、惨事を経験したことでうつ病に陥った男が豹変(ひょうへん)していくさまを中心に描かれるという。ニューヨークの広告代理店で働くその男は、うつ病の打開策として同僚から突拍子もない計画を持ち掛けられる。計画はうまくいくのだが、思いも寄らなかった方向へ事態は展開していく。

監督はテレビドラマ「Glee」シリーズのアルフォンソ・ゴメス=レホン監督(メキシコ人)で、今年のサンダンス映画祭で審査員大賞と観客賞のダブル受賞して注目をあつめています。(作品は『ミー・アンド・アール・アンド・ザ・ダイイング・ガール(原題) / Me and Earl and the Dying Girl』)

0716 JohnnyRooney

共演は(って決ったらだけど)『ドラゴン・ダトゥーの女』のルーニー・マーラですよ〜良いですね〜。彼女は来年のオスカーでもケイト・ブランシェットとレズビアン・カップルを演じた『キャロル』で、助演女優賞候補になるのでは、、と言われています。(トランセンデンスの時、奥さん役の候補でもありました)

ジョニーの出演が決ればとても嬉しいです。


★悪いニュースを2つ、、アンバーに(オーストラリア)ゴールド・コーストのサウスポート下級裁判所から9月7日の出廷要請が出されたそうです。アンバー本人が出廷しなければならないのか、弁護士の代理で良いのかはこれから決るようです。アンバーが2匹の犬のオーナーって事になっているんですね。

9月7日といったら、ブラックマスの(9月18日全米公開)キャンペーンが始まっている頃ですね。早く片がつくと良いのですが。

もう1つの悪いニュースはジョニーの指の怪我の事です。タグ・スタンホープが、ポッドキャスト(ネットで聞くラジオみたいなモノ?)で、オーストラリアに姪を連れてジョニーを訪ねた話しをしたそうですが、ジョニーの指の怪我について、、ノミでえぐられたように先端が欠損している(骨が見えていた)と言ったそうです、写真を見たという事ですが。順調に回復しているように思ったのですが、もっと深刻な症状だったようです。

そんなにひどい怪我なのに、応急処置をシロウトがしてアメリカに帰ったんでしょうか??やっぱり、ここら辺がナゾだと思うんですよね。


FC2 Blog Ranking


今年のオスカー最有力のバードマンの採用されなかったエンディング

Posted by リラン on 11.2015 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
2月22日(現地)に開催される第87回アカデミー賞授賞式、受賞予想も白熱してまいりました。最重要賞である《作品賞》は“6才のボクが大人になるまで” と “バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡” の一騎打ちの様相になっております。

と、ここに来て、ジョニーがそのバードマンに(カメオ)出演したかも知れない、、という話しが出て来ました。脚本家のアレキサンダー・ディネラリス(Alex Dinelaris)がネット上でのQ&Aのイベントで、バードマンのオリジナルの脚本は、ラストにジョニーが(又はパイレーツ・オブ・カリビアンのポスターが)出て来て、ジャック・スパロウの声でセリフを言う、、というモノだったと語ったそうです。


1月30日オーストラリア映画賞授賞式でのディネラリスさん。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)は日本では4月10日公開です。かいつまんで記事を訳してみますが、ラストシーンの話しが出て来るので(ネタばらし)、映画を見る予定のある方は、、気を付けて下さい。記事元はコチラコチラから。

【あらすじ】かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め……。

「マイケル・キートンのキャラクターがステージで自身を撃つ、という他のエンディング案がありました。カメラが観衆とそのスタンディング・オーベーションを回し撮り、そのままステージに戻ると、ジェームス・リプトン又はチャーリー・ローズの前にマイケル・キートンが座り、そして彼は多分批評を読んでいる。リプトン又はローズ(2人ともインタビュー番組を持っている人)が「Oh my God, you got this tremendous review (とてつもない批評をもらいましたね)」と言い、マイケルが “ああ” 、、みたいな事を言う。」

「それからカメラはこの映画の間で見られたようにさまよい、我々がいままで見た場所を通ってバックステージに行きます。そこで我々は更衣室で、文字通り、リーガン・トムソンのカツラを被り、鏡を見ているジョニーデップが座っているのを見ます、壁にはパイレーツ・オブ・カリビアン5のポスターがあります。ジャック・スパロウの声でポスターがデップに訊ねます “ What the f— are we doing here, mate? (兄弟、俺たちはここで何をするんだ? )” そしてそれは、それの終わりのないループ(輪)への風刺となります 」

結局このエンディングは、ジョニーデップもポスターも使う事が出来なくて不可能になった、、とディネラリスは笑いました。


主人公の幻覚というか幻想的なシーンでの登場という事になりますが、う〜ん、、訳してみたものの、どういう事を表したくてジョニーを出したかったんでしょうね? エンドレス・ループというのがキーワードですか。ハリウッドで大ヒットしたキャラクターを持っているジョニーだけど、、これから先どうなるか分からないよ、、と言いたいのかな?

まあ実際に出演依頼をしたんでしょうから、そんな失礼な意味ではないんでしょうね。ジョニーが現在はハリウッド1のスターだからって事だったんだと思います。

だいたい、ティム・バートン監督版バットマンで一世を風靡した(その後はパッとしない)マイケル・キートンを主演に置いた、、てのが凄いですよね。映画が評価されてヒットもして良かった良かった、そうじゃなければ自嘲で終わっちゃうものね。こうなったらアカデミー賞の作品賞も獲って頂きましょう!主演男優賞はエディ・レッドメインとの一騎打ちですよ。

余談ですが、、ジョニーが穫るまではディカプリオ(40)にはアカデミー主演男優賞を穫らせたくない!と、常々?思っていましたが、エディ・レッドメイン(33)が初ノミネートで主演男優賞を獲る可能性が高くなって来た今、ディカプリオが可哀想に思えて来ました!

オスカーの話題をもう1つ、イントゥ・ザ・ウッズ、アナ・ケンドリックの授賞式でのスペシャル・パフォーマンスが決りました♪ メリル・ストリープ(助演女優賞候補)もプレゼンターで登場です。


FC2 Blog Ranking


ジョニーに出演の噂があったDr. Strange & Houdini のその後

Posted by リラン on 19.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
ドクター・ストレンジ役にまた新しい候補の話しが日本語の記事で出て来たので、今年に入ってからジョニーに出演のオファーがあったとされた、2つの映画のその後、、をちょっとまとめます。

今年1月にジョニーがマーベル・コミックのキャラクター『ドクター・ストレンジ』役の出演交渉に入っている、、との報道がありました。過去記事はコチラ

また、今年の5月には『The Secret Life of Houdini: The Making of America's First Superhero』という原作の映画化で、伝説的奇術師ハリー・フーディーニ役をオファーされ交渉に入った、、と報道がありました。過去記事はコチラ

今回記事が出たというのはライアン・ゴズリングがドクター・ストレンジ役の交渉に入ったというものですが、Hollywood Reporter 他によると、ライアン・ゴズリングにはハリー・フーディーニー役の候補の噂もあるらしいのです。ハリウッド・リポーター他の記事によると、(両方の映画とも)ジョニーは交渉を持ったが、撮影が始まる2015年の大半はジョニーのスケジュールはパイレーツ続編に当てられているため、製作会社がそれを待つ事が出来なかったので、ジョニーの出演はなくなった、、とありました。

ドクター・ストレンジ役の候補にはその後、ありとあらゆる俳優の名前が出て来ました。
名前が(ほぼ)出て来た順に、、ジョセフ・ゴードン・レヴィット、トム・ハーディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジャレット・レト、その後7月にまさか!と思うホアキン・フェニックスの名前が出て、最近まで交渉していたようですが、決裂! そして、ユアン・マクレガー、オスカー・アイザック、マシュー・マコノヒー、イーサン・ホーク、ジェイク・ギレンホール(以上コチラから)、、その他にキアヌ・リーブス、コリン・ファレルが最新の候補だ、、とコチラでは書いてあります。

リスト眺めて思う事は、みんな演りたいんだな〜〜ってことです。少し前なら、アメコミ・ヒーロー役なんてバカにしてた人もいると思います、でもこう何やっても大当たり、、の状況ではみんなそれに乗りたいと思うでしょうね。

フーディーニー役は、、あまりかっこ良いと思えないのでやらなくて良かったと思いますが(最近テレビのミニシリーズでエイドリアン・ブロディーが演じましたが。コチラに写真が。)、ジョニーはマジシャンが好きみたいだから、演じたかったかも。

ドクター・ストレンジはちょっとジョニーに似ていますよ。1月にニュースになったときに出て来た画像です。
1019 Dr strange 1019 doctor_strange_johnny_depp 1019 johnny-depp-as-dr-strange 1019 Dr strange4 1019 Dr Strange2 1019 variety johnny-depp-doctor-strange

ちょっと見てみたかったですね♪


FC2 Blog Ranking


ブルース・ウェバーが監督のドキュメンタリーにジョニーも参加?

Posted by リラン on 13.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
台風お見舞い申し上げます、皆さんに被害がないと良いのですが。

先週出ていた故ロバート・ミッチャムのドキュメンタリー映画にジョニーが参加しているらしい、、という記事です。あんまり、興味ないな〜と、思って良く調べなかったのですが、監督がジョニーの写真を良く撮っているブルース・ウェバーだというんでちょっと、調べてみました。ブルース・ウェバーは写真家としてだけでなく、ドキュメンタリー作家としても評価されています、1989年のトランペット奏者チェット・ベーカーのドキュメンタリー、『Let's Get Lost』はアカデミー賞ドキュメンタリー賞候補になりました。

今回、colleen Shannon という(DJらしい)方からのツイッター情報で、ジョニーが先週10月9日マンハッタンにいたらしい、、ブルース・ウェバー監督でロバート・ミッチャムの映画を撮っているとわかりました。

Love working with Bruce Weber in film about Robert Mitcham w Johnny Depp & others

1013 cafepaulette
左、撮影場所となったCafe Paulette  右、ウェバー監督とコリーンさん(ジョニーもこの日インタビュー、、というか、ロバート・ミッチャムについて語るところを撮影した、、という事らしい)

このプロジェクトはロバート・ミッチャムが生存している時に、すでにインタビューや彼が歌っているところ等を撮影しているらしく、ミッチャムが亡くなったのが1997年ですから、かれこれ20年来の企画のようです。去年11月にニューヨークで開催されたブルース・ウェバー回顧展の時に30分間のショート・フィルムを公開したようです。そろそろ纏めに入ったのかな、、と思うのですが。映画のタイトルは『Nice Girls Don’t Stay for Breakfast』と言って、、良い女は朝食までいない、、??ですが、ジュリー・ロンドンの昔の曲のタイトルから取られました。

ジョニーにもこの企画は早々と(軽い立ち話として)伝えられていたようですよ。コチラからです。

(1988年にチェット・ベーカーが亡くなった時の話しの後の話しとして)何年も後に、ジョニー・デップがニューヨークのロフトに我々(ウェバーと映画プロデューサーのナン・ブッシュ)に会いに来た。ジョニーはソファーに丸くなって、映画でチェット・ベーカーを演じたい、、と言いました。ジョニーは“チェットの物語の権利を取れないかな” と訊きました。我々は笑って “チェットは何回も彼の物語を売ったけど、誰も自分のモノに出来なかった、彼は鳥のように自由でいたかったのさ” と話した。私は、もはやチェットに似ているのは誰もいなかったから哀しかった、、そしてもちろんジョニーは演らなかった、、でもジョニーはキャリアの始めから、常に写真を撮るのが好きな一人です。

だから、私は彼に言いました「ともかく、君は(チェット・ベイカーより、サックス奏者の)アート・ペッパーの方が似ているよ。彼のガールフレンドが彼の生涯を書いた素晴しい本があるよ」アートの1日は多くの人々の1年に相当するような人生だった。私はジョニーがその本を読まなかった、映画も決して作らなかった、、とは思いません。

(帰りがけに)エレベーターの中で、彼が言った「それで、最近は何をしているの?」私はナンとロバート・ミッチャムについてのドキュメンタリーを作っていると語りました。彼は大きな笑顔になって「彼はブランドに並んで大好きな俳優の1人だ。僕の父は彼にとても似ているんだよ、彼とディナーに行くと、人々がサインをもらいに来るくらいに」エレベーターが1階についてハグとグッバイをしながら、私は言いました「もしかして映画と一緒に作る我々の本に君は “序文” を書けるかな?」「そのつもりでいて良いよ」彼は別れの手を振りながら言いました。


ウェバーさんはチェット・ベイカーがミッチャムに似ていると思っていたようです。左から、チェット・ベイカー、ロバート・ミッチャム、ジョニーのパパ
1013 chet Baker Sings playsのコピー

上の写真はこちらから。
1013 Johnny Dad

上のジョニーとウェバーさんがニューヨークのロフトで会った、、というのは日付けが分からないのですが、チェット・ベーカーが亡くなったのは1988年、、その少し後の話しと言う事で、1992年に撮られたこの時かな〜と思いますが。

1013 bruce webber

今年の3月、インタビュー誌の写真を撮ったのもウェーバーさん、この時もジャズ・ピアニストの伝記の本が小道具に使われていました、この2人も音楽で繋がっているようですね。コチラから


FC2 Blog Ranking


ジョニーが出演交渉中?奇術師ハリー・フーディーニーの伝記

Posted by リラン on 31.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback

0531 Flower

最近仕事の量が増やされちゃって、夜はパソコンの前に座っても居眠りしちゃう毎日で、更新がなかなか出来ませんでした。おまけに週末に体調くずす事が多くって、今日もダメでした、、でもようやく回復してきたので気になっていた記事を幾つか記録しておきます。

 今週出ていたジョニーが出演交渉中という映画の話しです。Hollywood Reporter や Variety のニュースに出て来た物ですが、日本語の記事も早々出て来たのでコチラを参考に書きます。

  ジョニー・デップが奇術師ハリー・フーディーニー役の新作映画への出演交渉中

0531 houdini 0531 Johnny-Depp

「脱出王」の異名を取る奇術師ハリー・フーディーニの生涯を描く映画『The Secret Life of Houdini: The Making of America's First Superhero』の製作プロジェクトが現在進められている。ジョニー・デップが主役のフーディーニ役を打診され、交渉に入ったとThe Hollywood Reporterが伝えた。

フーディーニは1874年にハンガリーで生まれ、後に米国へ移住。縄抜けをベースとした脱出マジックで一世を風靡し、今もなおその名声は「米国で最も有名な奇術師」として輝きを放っている。『The Secret Life of Houdini: The Making of America's First Superhero』では、フーディーニを単に脱出術の達人として描くだけではなく、オカルト文化にメスを入れた人としての一面を強く打ち出すという。

フーディーニが母親を亡くしたとき、当時米国では霊と交信するというスピリチュアリズムがブームとなっており、一時は彼も最愛の母との交霊が出来るのであれば、と傾倒した。しかし、霊媒師による降霊術はどれもいかさまであることを見抜き、以後は超能力や霊媒術などの調査活動に貢献している。

ウィリアム・カルシュの同名著作を元に、ニュース番組「Today」のシニアプロデューサーを務めていたノア・オッペンハイムが脚本を執筆。『REDリターンズ』のディーン・パリゾットが監督を務める。


ZoneさんにあったDEADLINE の記事によると、その企画は今年の1月にすでにニュースになっていたもので、その時から進展していない企画だと言っています。

1月の時の記事では、ハリー・フーディーニーの伝記にはハリウッドが長い間興味を示していた物で、ソニー・ピクチャーズにもマックス・ランディス(クロニクルの脚本家)脚本の企画があり、ヒュー・ジャックマン主演のブロードウェイ・ミュージカルの企画もあった。サミット(ライオンズゲート)も別のフーディーニー・プロジェクトがあり、ジョニー・デップが興味を示しているというウワサがある、、

と、すでにジョニーの名前が出ています。1月といえばライオンズゲート/サミット製作のMORTDECAI の撮影中ですから、ジョニーに(そういう映画の)出演の打診が行った事は不思議ではありませんね。

本当に1月に出ていた企画が進展してジョニーの出演が決ると良いと思います。
一時は彼も最愛の母との交霊が出来るのであれば、と傾倒した。しかし、霊媒師による降霊術はどれもいかさまであることを見抜き、以後は超能力や霊媒術などの調査活動に貢献している』映画もこの部分を強調して描かれるようですよ、面白そう!


FC2 Blog Ranking


ジョニーがカメオで出演ロンドン・フィールズについて

Posted by リラン on 18.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
アンバーが主要キャストを演じる『ロンドン・フィールズ』でカメオ出演しているジョニーですが、以前のIMDb にはアンバーの元恋人のMark Asprey という役を演じている、、と出ていたようですが、現在その役には別の俳優の名前が(Jason Isaacs=ハリポタのルシウス・マルフォイ)があります。ジョニーの役はカメオというだけあって、原作にはない(あとから付け足された)役のようです。

ジェマ・チャンという女優が雑誌のインタビューに答えて、自分はロンドン・フィールズでジョニー・デップの助手(SideKick) を演じている、、と語っていました。(又、“みんなはいつもジョニーの事を聞くけど、アンバー・ハードもとても才能がある” と答えていました)、、助手がいる職業??映画を観るまで予想は出来ないみたいです。

英国人の作家マーティン・エイミスの書いた小説が元になっており、その小説は“メタフィクション” というジャンルのモノで、小説の中に小説が語られる多重構造になっていて、、小説ではではビリー・ボブ・ソーントン演じる小説家サムソン・ヤングが語り手となって話しが進んで行くようです。

アンバーはニコラ・シックスという予知能力のある女性を演じ、ニコラは自分の、殺人による死が間近にせまった暗い予感に絶えて生きていて、彼女は3人の男性と関係を持ち、その内の1人が自分の殺人者である。

小説ロンドン・フィールズの説明によると、

誰もが常に変わった方法で誰かと何かを探している、だいたいが恋人のため、たいてい愛のために。そして、これはラブ・ストーリーです。しかし、殺害される人ーーニコラ・シックスーーは、そのほかにも探していますーー殺人者を。彼女はそれが何時か、その場所、その動機、そしてそれの意味する所も知っている、しかし彼女はそれが誰かを知らない。

俳優も面白い人を集めているようです、1番の注目は第2の “ハンガーゲーム” として全米でヒットした “ ダイバージェント” のヒロインの相手役を務めた “テオ・ジェームス” です、ビリー・ボブ、ジム・スタージェス、リリー・コール、カーラ・デルヴィーニュ、、全米公開日は2014年とだけあり未定です。

テオ・ジェームスとアンバー
0417 Amber Theo


FC2 Blog Ranking


ジョニーが出演とウワサのある新作映画の過去記事

Posted by リラン on 06.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
Zoneさんにアップされていた記事を最後まで訳してから、気が付きました、、、2013年4月の記事でした!!なので、下の監督がマイク・ニコルズが交渉されている、、というハナシはボツになったハナシ、、という事でお読み下さい。コチラのHollywood Reporter の記事でした。



0406 One last thing

ジョニーと J・J・エイブラムスとがコラボするというウワサの映画の続報です。Jonathan Tropperのベストセラー小説の映画化企画『 One Last Thing Before I Go 』ですが、やはりエイブラムスは監督をやらず、プロデューサーに廻るようで、監督には古くは “ 卒業 ” “ ワーキング・ガール ” などで知られる名匠 マイク・ニコルズと初期の交渉に入っている、、とHollywood Reporter が報じています。この記事には主役のドリュー・シルバー役については、誰の名前も出て来ていません。

マイク・ニコルズは J・J・エイブラムスのバッド・ロボットがプロデュースをする“One Last Thing Before I Go” の初期の交渉に入っています。ベテランの監督はプロジェクトに関心を示しましたが、まだどんな取引もなく又、どんな申し出もされていません。

ジョナサン・トロッパー(彼の書いたThis is Where I Leave You はすでにワーナー・ブラザースで製作に掛かっている)が書いた小説は、中年の危機に陥っている父親を中心に展開します:彼の別れた妻はナイス・ガイと結婚していて、彼の大学を目指している娘からは妊娠したと告げられます。また、手術を含む治療を継続しないと彼は死ぬかもしれません。

マイク・ニコルズとエイブラムスは映画 “心の旅(ハリソン・フォード主演)” でコラボしています、エイブラムスが脚本を書きニコルズが監督をしました。

スタジオは去年、トロッパーが脚本を書く事を含め、7ケタで小説の映画化を獲得しました。

ニコルズは企画の選択には非常に厳しく、最近では2007年の “ チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(トム・ハンクス&ジュリア・ロバーツ)” を監督し、また2004年にはジュリア・ロバーツ、ナタリー・ポートマンそしてジュード・ロウ共演の“クローサー” を監督しました。



な〜んだ!ジョニーが主役を演じるとしたら、元奥さん役にはジュリア・ロバーツでも良いかな♪、、なんて考えていて監督の写真をさがしていて1年前に出た記事だと言う事が判明しました。Zoneさんに投稿した方も(古い記事だと)気づかず載せたのだと思うな。


ジョニーが新作映画でJ・J・ エイブラムスとタッグを組む?

Posted by リラン on 06.2014 映画出演のウワサ 0 comments 0 trackback
トランセンデンスのプレス・ジャンケットの写真が出て来るのを待っているところですが、ジョニーにかなり嬉しい新しい映画出演の話しが出て来ました。Thanks, JD. Zone!  コチラのサイトが特ダネとして報じています。

J・J・エイブラムスと彼の(製作会社)バッド・ロボットと、パラマウント・ピクチャーズは協調してねじれた家族の物語『ONE LAST THING BRFORE I GO』を製作し、その主役ドリュー・シルバー役をジョニー・デップにオファーしました。その映画はスタジオが2012年5月に(伝えられるところ)100万ドル超えで映画化権を獲得したジョナサン・トロッパーのベストセラー小説を元にしています。

0406 Abrams+Johnny

バッド・ロボットからは J.J. Abrams, Bryan Burk, Lindsey Weber, and John Cohen の全理事がプロジェクトに関与し、パラマウントからは Elizabeth Raposo and Josh Phillips がプロジェクに関与します、そしてそれはスタジオの最優先案件であるようです。

物語は重篤である心臓の手術を受ける前に、疎遠になった家族と連絡をとろうとする、中年の危機のまっただ中にいる男を中心に描きます。それはホラー・ミュージカルのシリアスな映画の奥深い役から、正反対に“ローン・レンジャー” や“ パイレーツ・オブ・カリビアン” での気楽な役まで、広範囲に役を広げるデップを引き寄せる完璧なエサです。

デップとエイブラムスは共に巨大なハリウッドの重要人物です。何億もの興行成績を上げるだけではなく、批評家からも評価される商業的な成功を収めています。デップの最新の映画は今年公開になる“トランセンデンス”で、エイブラムスはルーカス・フィルムとディズニーの為のスター・ウォーズ3部作の1作目に取り組んでいる所です。

デップの興味を引くにこれ以上の言葉はいらないと思いますが、彼には他に選択肢があります。多分、彼はフィアンセのアンバー・ハードの意見を求めるでしょう。私は彼女が彼らの間近に迫った結婚式の前に、彼の内なる“ファミリー・マン” に会いたいと確信します、そして、私もです!


J・J・エイブラムスは“スター・トレック” やトム・クルーズの “ミッション・イン・ポッシブル” シリーズで人気の監督で、スター・ウォーズの新3部作でジョージ・ルーカスに代わって監督を任された事が今1番の話題です。

この映画はあまりエイブラムスが今まで監督した映画とは傾向が違うように思うのですけど、だから違う映画を撮りたいと思ったかもしれませんね。まだウェス・アンダーソンの映画がダメになった事を引きずっているので、決ったら良いな、、に気持ちは留めておいて、決ったらアレコレ調べたいと思いますが、ジョニーがオファーされたドリュー・シルバーは、昔ヒットを飛ばした事のあるロック・バンドのドラマーだという事ですよ、、良いですね〜〜


FC2 Blog Ranking


 HOME